修理していただいたエクスセンス、おそらくこれまで同様青物をかけても何も問題がないけど、とりあえず慣らし運転がてらにフラットかシーバスをターゲットにサーフへ。 というか10月にもなると青物狙いはどこもかしこも人が多すぎるんよね~


FullSizeRender



この時期の徳島の北部サーフは例年(とは言っても2015年からしか知らぬ)小指大のカタクチがシャローギリギリに入り始めますが、今年は自分の知る限りそんなことはまだなさそうな感じ。



夜中のうちからフラットはおらんもんかなと、夜明けまでは離岸流の濃いポイントで粘りますが、1バイトもなし。その近くで粘るのもありっちゃありなのですが、夜中のサーフは誰もおらんし次の移動も間に合うのでプチ移動。




さて、ここの去年までとは少し違う地形変化も前回来た時に把握できてるので、クサい場所をローテーションするのみ。2回ローテーションしたのち、ミノーに1バイト。しっかりフッキング出来たように思いましたが、瞬く間にバラシ。どうやらフラットっぽいアタリだったので悔しいです・・・。


しばらくやってると、約束したわけでもないのにシャカ君と友人君が登場。どうやらサーフシーバスを狙うらしい。

申し訳ないがクサい場所は入らせてもらうぞと譲る精神0でうろうろし続けます。ゆっくりとミノーがギリギリ動いてるのを感じることが出来るスローリトリーブで巻いていると、チョンと小さいアタリがあったので電撃フッキング。フッキングの途中ですでにエラ洗いしてるw

スルスル寄ってくるな~と特に抵抗されることもなく無事ゲット。エラ洗いしたときに一番エモーショナルにあっちいったりこっちいったりしてくれるサイズが見えたのでロッドの耐久テストに良い感じかなと思いましたが、ちょっと拍子抜けなファイトでした。あと遠く補正がかかってたのかずり上げたら思った以上に小さかったw


FullSizeRender

ヒットルアーはレッパモドキ150F(150???)。おなじみのショップのルアー。オリジナルにはないサイズですがやたら飛ぶし大きいフックを3つ載せれるし、実績もあるしで面白いルアーです。是非リンク先をのぞいてみてくだされ!

マズメになるとどうやらイナっ子っぽいベイトが波打ち際にいるのが確認できたので、ベイト皆無ってわけではなさそうでした。


ルアーのシルエットを落として粘りますが、セイゴクラスが波打ち際で追いかけているだけでルアーには何の反応もなく、シャカ君たちも同じサーフに入っていらっしゃったtriさんもノーバイトだったようで、堤防に移動。

しばらくやりましたが堤防で待つ釣りはシャカ君に任せて、自分は再び離岸流を狙いに移動。







IMG_1360


しばらく狙って、手のひらほどの大きさのソゲ1枚のみ......。


堤防に戻ろうかなってタイミングでシャカ君がサゴシを釣ったらしく、triさんと一緒に堤防へ。例年に比べてもさらに小さいイワシがうろついて、それにサゴシが付いている感じ?

それもしばらくしたら去っていき、なんの気配もなし。これはもしかしたら朝一から水深のある場所で粘った方が結果がでたかもしれませんねぇ。まぁ久々にサーフで魚釣って気持ちよかったのでよし!





ロッドは完全復活!惜しみなくいろんな釣りに使っていきます!