えーっと、いつから書いてないんでしたっけ?(笑) 


IMG_1278


10月ごろからちょっとずつ風が強い日が多くなりますが、おおよその日はヒラ釣りに好ましくない風ばかり。山を巻き込んできて横風になるわ、風波の要素はなくなるわウネリは抑えるわで良いことナシですな。



・・・で、釣り場に着くと、とてもシャローの磯際についているとは思えないたまに入るウネリでうっすいサラシが根まわりに出来るのみのコンディションで、こんな時は特にベイトが濃いなんて状況じゃない限りは、夜中から薄暗いうちにサーフに入ってきたor出ていく個体を拾うか、わずかに出来たサラシを朝の日が出切ってしまうまでに叩くかの二択かなって感じ。タダの勘ですけどネ。


この日はサラシが出来やすい場所のスリットに賭ける作戦にします。ライトがいらないぐらいに明るくなってきたタイミングで磯に立ち、サラシの出来るタイミングとかどう払い出すかをじっと見ます。


ほーんほんほん、これくらいのしょぼいウネリがたまに入ってくる日でもこのポイントは待てばしっかり広がるには広がるのね・・・。


本命スポット(と言ってもかなり大まかに立ち位置の左側、右側、真ん前みたいなくくりですw)を避けてサラシを通しますが無反応で、視界がハッキリしてきたあたりでピン打ちからギリギリのコースを通す作戦に切り替えます。



さて、あのスリットの上をサラシが広がるタイミングで通すためにちょっと早めにキャストー!



あかん!あかん!岩にぶち当たる!突風吹くなやwww


で、ピン打ちあるあるの「急いでベール戻して引っ張って直撃回避」をすると、ちょうど狙ってたスリットにポチャンと落ちます。

「あ・・・。」

「ですよね~www」

ヘロヘロとスリットに落ちたTKLM120の糸ふけを回収している間に表層にパチャンと出てくるヒラに謎の相槌を入れます(笑)

うっすいサラシかつラインテンションもクソもないタイミングでのバイトなのでフッキングできるわけなく、でもちょっとフックに触った感触がしてそこの一本は終わった感じがします。


しかし、こういう日にステイしてる場所に確信を持つことが出来たので、あきらめずに再開。

次にサラシが広がったタイミングで、少し深くなっているポイントで表層まで飛び出てひったくっていくバイト。しっかりフッキングできてたしやや慣れつつある60程度のサイズだったので、ゆっくり落ち着いてランディングに持ち込んで無事ゲット。



TKLMの速度抑えて表層フラフラフラフラいく感じ、徳島のゴロタと磯のハイブリッドみたいな地形ではめちゃめちゃ重宝する気がしますね!てか、してますね!

ちゃちゃっとストリンガーにつないで再開。こんなベイトっ気もない日は短期決戦だろうし次々。

どんどん怪しいポイントを手前から順につぶしていって、サラシが広がるタイミングではでてこないので、波のセットの隙間の揉みくちゃになるタイミングで通すとヒット。

このタイミングでヒットさせると、楽に寄せれるかどうしようもない引き波に一旦魚を持っていかれるかの二択で、ヒットさせたポイントは後者のどうしようもない引き波に持っていかれるパターン。もしかしたら楽な打開策があるのかもしれませんが、ベールを返すかロッドを立てるか寝かせるか迷ってしどろもどろになっているうちにリーダーが鋭利なところに触れたみたいでスッパリとラインブレイク。

うげぇTKLM失ったしまた魚にピアスだし申し訳ない・・・。

こないだも似たようなシチュエーションでやられたし、学ばないなぁとリーダーがまだ1.5ヒロくらいあり、なおかつ全く傷が入ってないことを不思議に思いつつ急いで再開。




あれれ~、思い出せん。たぶんこないだロストした後に急いで調達したポップクイーンを投げてた気がするけど、PE2号で風がかなりある日は近距離じゃないとちょっと厳しいな~とか感じ始めてた気がする。


言うてる間に日がしっかり上ってしまい、場を休ませつつ探りましたが、2か所目に回る時間もなくタイムアップ。

FullSizeRender
いちおう計測しておくと、55~60サイズでした。


うーむ、最初の無駄な1バイトと切られた1バイトと合わせて、もっと考えてやれば3本キャッチ出来たことを考えるとなかなか空しいとこもある釣行でした。


ロッドはクロスブリード111SRSにリールが13バイオSW4000XG。でもバランス的には400g程度のリールの方がキャストも持ち感もしっくりきますね。

ただ、ランディングで魚をコントロールするのがあまりしんどくない、こんな日ぐらいのウネリであれば、もうちょいお手軽に使えるロッドの方がピンを丁寧に攻めれるメリットが大きい気がします。そうなるとシビアな場所でかけた時の対処がますますしんどくなる気がするけど、まぁどっちをとるにしろ自分の腕を磨くのが最優先ですね。