青物にヒラスズキにフラットに気になる10月。固まって釣れてるエリアは転々としてますが青物は釣れてるらしいし、ヒラスズキも始まった。

しかし、フラットがサーフからだとまだイマイチな感じ。これにそこそこのウェイトを割いてしまい、せっかくのハイシーズンの漁獲高が下がってしまった感が否めない10月でしたね。いや、まぁ、元々サーフやってたしそれが楽しいし漁獲高なんざメインに求めていないので別にいいんですけどね。(負け惜しみ感)


IMG_1206

うーん、地形が変わってら。あっさりボウズ。今度からは潮位でねらい目を変えるだけなんだけど、それが上手くいくか否か(笑)

あ!ロッドは爆速で復活しました。というか、お医者さんに治してもらいました・・・。とりあえず釣行記消化したら詳しく触れる予定です。






ということで、次の釣行へ。

シャカ君(自分から神様を名乗るあたり面白いがそこには触れないでおこうw)とバタコ君とヒラスズキ狙い。複数人数で一か所に降りると、滑落した後の生存率などはグっと上がると思います。自分のゲットできる魚に関しては確実に減りますが、それでも複数人数で行くことのメリットはこの釣りにおいて大きいと思います。一人じゃないと行かない、複数人じゃないと行かない、というわけではなく、僕はメリットデメリットを生かした釣りしたいですね。

まぁ詳しくはシャカ君のブログに載っているのでおおよその状況は割愛して。

ヘッドライトなしでもうろうろ出来るぐらいのタイミングでスタート。シャカ君、当日一番サラシが広がっている場所で60クラスをゲット。よくMLロッドで対処できるなホント・・・(笑)


サラシはほとんどない状況ですが活性が高い日なのかなと思い、気軽にキャスト。早速ヒット。結構手前のゴロタ岩のキワでのヒットなので、かなり沖からチェイスしてきたのかなぁ。


IMG_1217

青い方でした。さすがにドシャローの入り組んだとこにステイしているわけではないと思う・・・。手前まで引っ張ってきて、流れの強いところでフワ~っとさせてるとヒットという、教科書通りの釣り方でしたが、ヒラスズキではないのねん(笑)

ノーバイトは回避できましたが、ほとんど荒れていないこの状況、朝一の1本で終わりになりそうなので焦ります。


しばし無言になり、怪しい場所を眺めます。幸い潮位が高いのでシャロー域が広く、クサい場所は容易に探せます。

欲を出して、二人がまだ通してないとこまでタターっと歩いて行って(笑)、タイミングを待ってTKLM120をキャスト。手前まで引っ張ってきて、足元のゴロタに波がぶつかるタイミングにヒット。あとで動画見返したらヒットからランデイングまでリール5回転しかしてなくて草


IMG_1219


50ほどのコヒラですが、確かな手ごたえ。

ゴロタにハエ根が混じったエリアでの考え方や見え方がだいぶ良い方向に向いてる気がする。


この後どんどん日が出てきて、しばらく実績のある所を通しますが、自分がメインに投げたエリアはさすがにサラシが少ないのかイマイチな雰囲気・・・。


その場所を休ませたり、ここぞという濃いサラシのエリアでまた45くらいの青物がヒットしたり。40くらいだったっけかな?まぁいいや(笑)

FullSizeRender

トゥルーラウンドは風が強くても弾道が安定するので大好き。グリグリ巻いてきて、流れに入るとテンションを感じて調節しやすいのも好き。フッキングが決まった後、安心してやり取りできるでかいフックのっけれるのも好き。そりゃ作った人が作った人だし、磯ヒラしてる人のボックスにはまぁまず間違いなく入ってますもんね。



こっからサーフで粘りますが、瞬間移動ナブラに翻弄されておしまい。サイズはそれほどでもないですが、なかなかアッサリヒットに持ち込むことはできませんね。


ヒラ自体はいるし、セオリーをキチンとこなせば口も使ってくれる。しかし磯まわりにいる時間がいかんせん短すぎる。

やはり、しっかり条件が重ならないと釣果は伸びないんですね。難しい釣りである・・・。


帰りの道のりで楽をしようと魚を入れるリュックを持ってきていましたが、リュックとなると一人で持つことになるのでしんどいですわ。知り合いさん考案の木の棒スタイルに戻しますw


ドライタイツ、ウェーダーとウェットタイツのいいとこどりみたいな。一切の水を通さないので、暑い日に履くと地獄ですけどね(笑)自分のドライタイツはサンさんからお古をいただいたものです。ほんと感謝しかない。


春頃にファイントラックのアウターを買いましたが、マジでいいですね・・・!
下半身は一切透湿がありませんが、上半身は明らかに透湿が働いてかつ波しぶきなどは完全シャットアウトしています。かなり歩く釣りですから、こういったところで不快感感じない装備なのはデカい。