とりあえずワイコンの件は置いといて。



IMG_1120

ロッド折れて青物モチベ下がったし、ちょうどいい海況っぽかったのでヒラスズキ狙いに。そろそろ自分のようなイマイチ右も左もわかっていないアングラーにも優しいコヒラが入るシーズンだろうし。

夜の暗いうちからサーフに入ります。そして、すぐにこれは潮が引きすぎている&かなりでかいウネリであることに気が付きます。

夜が明けると、濁りがキツ過ぎることにも気が付きます。


う~ん、ダメっぽいね!

と、すぐに言い訳をそろえたがるのは釣り人、いや、僕のダメなところですな。

なんとかしようと、あっちの付きそうな場所やこっちの付きそうな場所をうろうろします。だんだん雑になっていくので、一度状況を整理します。

・そもそもサラシを通すのはルアーを誤魔化すことも意味合いの1つである

・本日海は激濁りである

つまり濁りを誤魔化しの1つの要素にして、それ以外の要素が強いところを狙えばいいのでは・・・?


そういった要素の絡みそうな場所を様々な速度で巻いてきます。メインで使っていたのはヒラフィード。このルアー、スローでもウネウネウネウネいい動きするのね・・・。

そのスローな動きをぼーっと眺めていると、パチャン!とルアーに飛び出してきます。ルアーにはほんの一瞬重みが乗っただけで、フックにかかることすらなし。

シルエット的にはコヒラでしたが、待望の魚からの反応だっただけにかなり悔やみました(笑)


かなりタイトに通していた上、ド干潮でやらしい岩がいろんな場所で露出していたのでルアーを連続ロスト。


結束が適当になっていく自分に嫌気がさして終了。


IMG_1128

磯ヒラwithみりあちゃん


アイドルを磯にこんな格好で連れてこさせるクズ野郎です。すいません。