更新間隔はあいてしまってますが前記事とこの記事は連日の出来事です。

昨日、帰宅途中の記憶はあやふやだし急いで出た授業の記憶もあまりない(笑)

ただ、ヒットシーンの動画編集は楽しすぎて睡眠時間を削ってやったのは覚えている・・・。

 

で、次の日。再び磯に降り立ちます。

2018-04-13-08-16-49


昨日ほどのサラシ具合ではありませんが、波のセットを待てばほどよくサラシが広がって、何より風がほぼないのでとても釣りがしやすい。

荒れればでかいのが出る・・・・・とは言うものの、ドーンと深い場所なら居着けるところがありますが、自分が行くようなゴロタにニュッと生えた磯やらでは荒れすぎは魚が居着けないのでは?と最近思うようになっています。

大場所も覚えなきゃな・・・と思いつつ、まあ自分なりのスタイルを確立するのが先決かなという思いがいまんとこ一番大きいです。


昨日満足してしまって放棄したエリアを撃つ・・・が出ない。

え、ここで出んの?(素人並感)

のオンパレード。あ、出ないの?って意味です、関西弁分かりずらい、最近徳島の人としゃべりすぎて関西弁も危うい。


シンペンの長距離射撃、バイブでスリットを通す、ともに試しましたがダメ。ちなみにどちらもロスト。



昨日撃ったエリアに戻ります。あ、今日は道中死ぬのを覚悟してドライタイツはいてきました。


ということで昨日ほど荒れてないのも相まって多少前に出れる。

サラシの厚み的にこれかな~と、剛力より少し上のレンジを通すルアーをチョイス。

うーん、サラシのど真ん中?を通して反応なし。


セットを待ちます。サラシが広がり、なじむのを待ってサラシの少し外側にキャスト、リトリーブ。

フルキャストから引っ張ってきて、手前のスリットを超えようとしたところで


デタァ!


身を乗り出してバイトしてきましたが乗らず。アワセはそのままハエ根に直撃。ガキのように騒いで悔しがったとかなんとか。

目測60は超えてた感じ?ヒラって体高が常識の範疇を超えててよくわからんです(笑)

その後、テンパったまんま数回キャストしてノーバイト。立ち位置をほんの少し変えて、波待ちしてキャスト。藻がかかってくるのみ。

さっきの場所もねちっこく通しましたが、さすがに一瞬重みがのってしまっていたので再びバイトしてくることはなかったです。


今回のセットも反応なし。そろそろ場所に見切りをつけてフレッシュな場所を撃つべきだろうけど、なんかあきらめきれん・・・!


再びセットが入ってなじむのを待って、「あ、しばらく真正面狙ってなかったな」と気づいてハエ根の真正面にキャストしてリトリーブ。ハエ根からスリットの深い位置に差し掛かったところで明らかに藻ではない反応。昨日と違って、即座に合わせを入れます。

嘘、ドラグ出して突っ込むの!?

手前のハエ根を超えれるか???

たまたま寄せ波のタイミングと粘ってるタイミングが合致して超えれた。足下でも何度も突っ込もうとしますが浮かしてみると・・・

でかい、でかい・・・でかい、えちょっと待ってでかい・・・

2フック以上かかっているのが分かったので寄せ波でぶち抜こうとしましたが重くて無理。ずり上げれる場所まで誘導する方向に切り替えます。

2本掛かりとは言えなんせ#5なのでロッドテンションを一定にして伸ばされないようにロッドのバットを持ちつつ、ゆっくり誘導。

でかい寄せ波が来てそのままランディングゾーンに持っていくことが出来、フィッシュグリップで逮捕確保。


2018-04-12-08-51-59

やべえ、でけえ・・・(若年層特有の語彙の死)


2018-04-12-08-53-39

70超えたか、まじか!ヒットルアーはレッパ120モドキ、サラシの中を通すためにあるようなカラーですwまあレッパではないですが、レッパで釣った初めての魚になりました。

1個650円で飛距離も安定していて、#4つけても浮くのでナカナカ磯ヒラ適正高めのルアーです。(販売先リンク)


あんなくっそ難易度高い場所で#5でよく挑んだな、アホちゃうのと自分でも思いましたが、いやぁフッキングポイントの運がよかったです。

写真ではあんま伝わりませんが、筋骨隆々とした魚体でした。


この後、山を登らなければいけないのを加味するとタイムリミットも迫ってたのでこの一本で終了。というか満足して終了(笑)


この春の磯ヒラではPE2号にリーダー8号、つまりだいたい30LBをメインにしています。

身軽さ重視で浮力体+α程度のフローティングベストも欲しいけど・・・、ドライタイツにコンプIVの装備のままだとおそらく波にさらわれて死ぬより脱水症状で死ぬ方が確立高いっす(笑)