少し遅めですがスタートです!



寝れん。あ、荒れる、しかも行ける、と理解したとたんに武者震いがし、作業に集中できん(笑)


ということで、寝る前に釣り場に着いて、そっから寝ようと考えます。しかし着くと車を停めることが出来る場所に4本足で歩く先行者がいたのでなんとなくビビってしまい、寝ることが出来ませんでした^^


車の中で待機してると、だんだん風が強くなり、車体が揺れる。うーん、これ前回(ブログ記事にするまでもない無残(物理)な釣行です)同様かなりキツい釣行になるんちゃうかな・・・?


とりあえずうっすら・・・といっても曇りなので4:45くらいに磯に降り立ちます。今までバイトがあった場所、今までバイトを得たことがないクサそうな場所、織り交ぜてうっていきますが反応なし。てか爆風のわりにサラシが広がらん。うーんいまいちっぽい。



・・・思い切って場所替え。降りたことのない場所に行ってみます。道中どんな感じなのか、磯はどんな感じなのかがわからないので、下見のつもりで津留崎スタイルラッシュトレンカにウェットソックス、その上から簡易防水の長ズボンで行きます。

あ、フットウェアは信頼のRBBロックショアスパイクラジアルピン仕様。いまんとこ滑りまくったのは1箇所のみデスネ。




・・・・・。


到着。

おほ?風が巻くのかまさかのほぼ無風。


サラシの状況はほぼ理想といっていい状況で、ほどよく曇っていて雰囲気ムンムン。


しかし、地形はというと四国東南部に多いゴロタとスリット、ハエ根のコンボって感じで、潮位や波の高さ、それらによってその日に立てる位置が大きくかわるっぽい感じ。

装備が大場所を想定した濡れないものだったのであまり前には出れませんが、足首ぐらいまで濡れながらスリット状に伸びた磯の先の方までアクセス。


いかにも!って感じの場所を撃ちつつ、サラシの厚みが結構あると理解してサスケ剛力120をメインに据えます。剛力、アクションチェックしてみたら予想以上に良い感じだったからそのまま使ってしまった借り物ですw


何回か藻相手に電撃フッキングをかまし、うーんこういうとこに着いてないってこのエリアもあかんのんか・・・?とキョロキョロしながらルアーを回収してるとそれっぽい払い出し発見。

後から理解したけど、スリットとかハエ根とかのおかげでこういった場所はたくさんあるっぽい。


すぐにキャスト。いいとこ入った。剛力、常識的な120クラスのくせにPE2号タックルで十分な飛距離でるじゃん!

テロテロ・・・とまではいかないにしろ、そこまで速くないスピードでリトリーブしてると、また藻っぽい感触。電撃フッキングはせず、そろ~っとティップを持ち上げてみると・・・



???






HIT!!してるやん!w

急いでアワセを入れます。ここまで遅れて必要なのか!?ってくらいには、はてなマーク浮かんでる時間長かったです(笑)


クソほどシャローな場所ですが、難なくランディ・・・嘘、最後に手前のハエ根に少し擦れたけど、寄せ波が運よく来てくれて無事ランディング。



2018-04-11-08-17-12


2018-04-11-08-19-07


待ちわびた春ヒラです!サイズも60あるかないかで自己ベストだし、嬉しすぎるw


1年近くかかってクロスブリードでようやく初ヒラ。っていうか散々ヒラ狂いみたいな様相を醸していたこの男、まだ人生2本目の磯でのヒラスズキである。



この後、ストリンガーに繋いで恍惚とした表情を浮かべながら数十分ぽけーっとし、復活してちょろちょろっと撃ったらもう満足してしまい、おそらくはまだ釣れたであろう状況を放り出しました(笑)

いま思うとクッソアホなことですが、まあ、春ヒラ幕明けってことで!(唐突な〆)



なぜかアマゾンに在庫があるクロスブリード111SRSですが、もちろん現在は廃盤で、自分は中古2万円で手に入れました。自分の拙い磯歩きのせいでもうバット部分は無数の傷がついていますが、フルキャストしようがバイトと勘違いして磯に鬼フッキング決めようが折れる気配はありません。重宝しています。


あ、津留崎スタイルで行くような場所じゃないとわかったので次はもうちょい攻めれる(膝くらいまで水に浸かる)スタイルで行きます^^





記事書いてる時点でリンク先のBGが5000円台なのですが、安すぎじゃね・・・?