実は自分がこの秋シーズンに使用しているフックの多くはカルティバでもがまかつでもありません。

土肥富のトリニティS-1とか激安のやつとか、fimoフックとかも使って試してみましたが、それらでもありません。それらについてはまたいつか記事にしようかなと思っています。


自分が今、主に使っているフックは「ST-46風」、「ブルーフック」と称する2種類あり、当記事では後者について書いていこうと思います。


ST-46風フックのインプレはこちら

前回のST-46風に引き続き、トレブルフックのインプレとなります。ST-46といういわゆる業界の「フォーマット」としてのフックを元にしたST-46風と違い、今回は何やら無名のフック・・・。


さて、はたしてどんなもんでしょうか?


image

結論から言うと、このフックが安定に供給されるかぎり、自分がサーフで使用する多くのルアーにこのフックを使用すると思います。それほどの出来です。


このフック、感じた特徴をざっと説明すると


・名の通り青色の特殊な防錆処理がなされている

・その防錆力はすこぶる高い性能

・ST-46風とは違い、「伸びる」タイプのフック

・形状はST-46と少々違う

・サイズ選びに迷う


このようになっており、自分はこれらに焦点を当ててインプレしてみようかと思います。


まず、防錆力。

なにやら販売サイトには
宇宙開発に使われる高度な防錆加工が施されており、その性能はがまかつのハイパーシールドなみです
と書かれてます。うーん、ほんとかいな(笑)


真実を知るすべは自分にはないので、実際に使ってみて、というのを書こうと思います。

自分がこの秋シーズン使った感じ、たしかに強気な宣伝文句の通りのかなりの防錆力です。初期性能の維持に関してはST-46以上です。もしかしたらがまかつのハイパーシールド並みかも。

初期性能の維持、とはフックポイントの鋭さも含めての事です。


2017-10-24-06-18-36
フロントフックは薄皮一枚、リアフックは一か所がブッスリ刺さっている状態。

アイアンマービーに使用しているのは#5で、耐久試験と称してかなりずぼらな扱いを受けたブルーフックです(笑)

どれだけずぼらかというと

サーフでの釣行を3~4回、ボトムをガシガシにこすりつつのリトリーブをしたにも関わらず、真水洗浄一切なし

というなかなかに意地悪な試験を行いました。

ですが、毎釣行確認してもフックポイントは鋭さを維持し、この写真を撮った際も、同様に使用上十分な鋭さを維持できていました。

画像からもわかるように、錆びが浮く前に防錆コーティングが仕事をするせいか、数回使用しているうちに、高性能フック特有の「くすみ」が表面に出てきます。錆びではないですぞ!

がまのハイパーシールドに似た感じですね。数回の使用で真水洗浄なしという過酷な条件下というのを加味すると、錆びが浮かないだけで合格点。砂にこすれてすぐにコーティングが落ち、錆びが浮くのが早いサーフをメインとするアングラーの自分としては嬉しい防錆力です。

ST-46のような「海水対応最低限」の防錆コーティングではなく、がまかつのハイパーシールドやfimoフックのドラゴンシールドなどと同様に、しっかりとした防錆処理がなされていると思われます。

というわけで、宇宙レベルかどうかは置いておいて(笑)、かなり高度なレベルの防錆力ですね。



次に、フックの性質の話。

まだ一度のみなので確定ではないですが、性質としてはST-46風やがまかつのような「折れ」が先行するのではなく、限界強度に達する付近で「伸び」が発生するフックかなーと。

太平洋に面した波の高いゴロタサーフでメーター手前の大根ダツをランディングした際、唯一フックが多少伸びていました。

image

まあ、このサイズの大根ダツを#4でメチャクチャなランディングしたらST-46でも伸びてるか折れてるかなので、ブルーフックだから伸びた、とかは感じないですw




形状に関しては販売サイトに詳しく画像とともに説明でなされている通りです。ST-46と比較したらロングシャンク、でゲイプが狭く、フトコロが短い。



最後に番手の話。#1~#7までラインナップされています。これが日本でのフォーマットであるST-46とは多少違うようです。販売サイトでもその点については補足されているので僕の説明は不要かもしれませんが、一応書いておきます。

#2~#5まではST46同様のイメージで良いと思います。ブルーフック#6=ST46#8、ブルーフック#7=ST46#10って感じです。#1に関しては特殊で、独自性の強いサイズとなっています。というのも販売サイトに書いてるので詳しくはそっち見るのがいいかも・・・


自分の場合、サーフで使用する機会が多いのはST46で言う#4、#6、#8ですが、ブルーフックのラインナップだと#6に相当するフックがありません。

ですが、ブルーフック#5はなんというかST-46#5.5な感じがする・・・。実際、自分は#6を使用するべきルアーでブルーフック#5を使用していますが、いまのところフックがラインを拾って使いにくい、みたいなことはありません。もし頑なにブルーフックを使うなら(笑)、ブルーフック#5をST-46の#5、#6兼用で使用する予定です。

2017-11-06-06-12-17
推奨フック#6のbit-v26での一本。#5のブルーフックを使用しています。



前回同様(笑)、最後にお値段の話。

サーフで多用するような~#4までの大きさの番手は10本600円。

磯や軽量クラスの青物用トッププラグで使用されるような#1~#3は650円です。

販売してるのはST-46風フック同様、スーパーバリューフィッシングというショップ。

https://superseabass.thebase.in/categories/682605

かなり詳しくフックのサイズや互換性について書かれているので、購入の際に迷うことはあまりないかと思います。


さて、とりあえず人柱的なインプレとなりましたが、防錆力は値段以上の性能です。

サーフで使うようなフックサイズと対象魚を考えた場合、十分な強度です。