波はそこそこあるはず。この季節特有の風のおかげでどうなってしまうのか・・・。

さて、暗いうちから降りてみると・・・


ペッタペタです、本当にありがとうございました。


とは言っても、わざわざ来たヒラスズキ狙いを諦めてトンボ帰り、チョロっとサーフにでも寄って日常の釣りでもするか~と、そこまであきらめのいい性格ではない(笑)

しょっぼいサラシを丹念に攻める。数分待ってようやく来る数セットのしょぼい波で投げて、また違う場所を撃って、とどんどん移動作戦。

本命二か所、ノーバイト。正直ここで出ないのなら、自分の腕ではどうにかできるようなもんではなさそう。

薄暗いうちから小磯に立ちます。見渡すと、なんとかサラシはある。鳥山もすごい。これワンチャンある?

けど以前までの二回と比べるとサラシの薄さよ・・・(笑)

数セット投げて、諦め調子で本命でもなんでもない磯のキワをトレースしてみる。テロテロ巻いてきて、ロッドでトレースする角度を変えた瞬間、「コン」と手元に伝わり、ルアーにはギラっと反転するシルエット。

!?

あんなとこから出てくるのか。焦ってそのまま波のセットも意識せず投げ入れます(笑)

もちろん次のトレースで出るわけもなく、落ち着きを取り戻してとりあえずテキトーな場所にキャストしながら波を見ます。

なるほど地形のおかげか、サラシが出来た後にそれが払い出すポイントになってるのか。

タイミングを探してキャスト、テロテロテロテロ・・・・・、払い出しに到着、抵抗を感じたところでよくわからないくせに生意気にもトゥイッチを二回、ストップ・・・


BANG!!!!


うそん!?

合わせを入れると直後にエラ洗い。

ランディングコースに誘導、運よくえら洗いでハエ根の間を乗り越えてくれたのでこれはシメシメと磯を移動!!!



・・・・・。




はい、フックアウトです。

ヒットしてからここまでの時間わずか数秒よ。ファイト中はどんだけ長い時間だと錯覚してたことか(笑)


打ちひしがれながらも、「おもしれー!」なんて誰もいないのに一人で叫んでいたのは、知る人ぞ知る話。


その後、シャローにできるわずかのサラシに望みを持ってウロウロするも、魚のコンタクトはなし。



足場のいいとこに戻り、あーぁー、今日もバラシのみ、3回目の秋のヒラ釣行、2度あることは3度あるとはよく言ったものだなと感じながらダメ元で遠くに伸びている潮目にシンペンをキャスト、テロテロ巻いてると

BANG!!!!


え?

ええ?

2017-11-15-07-36-29

確かに、目視できる範囲である「おそらくアクセス不可な」磯周辺で半端ない鳥山だったので、ベイトはわんさかいるのかもと思いましたが。

ベイトがいるなら!ともう一度ショボサラシをトレースしますが、やっぱりそう甘くはない。


青物狙いに切り替え。
シンペンを数投すると、一度だけゴンっとひったくって言った感じがありましたが、乗らず。

バイブに切り替え。反応なし。

なるほど。

ジグに切り替えて、フォールで魅せるジャカ巻きで誘うと・・・


BANG!!!!

2017-11-15-08-34-11


気持ちいい~~~!!

やり取りもシーバスロッド強でちょうどいいサイズ。45~50くらいです。

2017-11-15-08-34-40

カルティバの投技ジグ。自分の中できっと武器となるだろうと今秋シーズンずっと投げてきましたが、ようやくこれが必要な局面がきました。自分の構想するジグローテの一角です。


先ほど書いたアクセス不可能そうな磯から伸びる潮目に着いているようで、70m~フルキャストした先ぐらいでバイトが集中します。

この後同様の局面でもう一匹追加。


潮目が少し変わったっぽいので、少し立ち位置をずらしてしゃくるけど反応がない。

うーん、さらにフォールを多めでジャカ、ジャカ、ジャカ・・・


BANG!!!!

image


足場が変わったので、アシストフックをサイズアップして少し無理やりよせてファイト。ちなみにタックルは波があまりない日なので10ftMH、ダイワ3000番、PE1.2にリーダー22LBのかなりライト目なタックルです。



2017-11-15-09-21-13


うむ、なかなか映えるではないか・・・。


余は満足じゃ!!!


磯ヒラは絶対リベンジするで



動画で撮っていると、なかなか復習にええ感じです。自己満にも浸れます(笑)

でも、それを自己顕示欲の発散として間違った方向に向けると、将来の自分が痛い目を見る可能性が無きにしも非ず・・・。一度立ち止まり、よく考えて発信するべきだと思います。