土日に釣行できない鬱憤よ・・・




前回の釣行のちに考えました。

あぁ、1つの短期的パターンが終わったんだなと。

おそらく本格的シーズンの走り、開幕からしばらく経ち、パターンに変化が訪れてるのかもしれない、と。



ということで、少し趣向を変えてみて夜に出向くことにします。

ネチネチとランガン、ランガン。


潮が効いているとこがわかったのでそこでルアーをローテーションすることに。

とりあえずミノーからワームに変えます。


ボトムをステイ多めのリフトフォールで探って、探って・・・

リフトさせようとすると、ヌッと重みを感じたのでとりあえずフッキング動作に入ってみる。

金属的なバイト、なんてのとは無縁なバイトでしたが結構重い。なんのその、ゴリ巻きゴリ巻き、夜中なのもなんのその、そのままズリ上げ。


最近スレが多いですが、もしかして僕ってギャング釣りしてるんですかね?いやぁ、まさかネ、ハハハ・・・

地味に今シーズンで一番大きい。


ナイトにした理由は2つあります。1つは単純に、潮回りが良かったこと。もう1つは、ヒラメと呼ばれるサイズがルアーに反応しやすい要素に、デイだと濁りがそこそこ関係してるのかも、と。

と言うことはナイトだと水質がクリアだとしてもそれが多少紛れる訳で、テンポは変えないといけないにしろ何かしら打開策があるかなーと。

今回は初めてでたまたま出来過ぎなサイズが釣れましたが、ナイトでも十分オーケーというのがわかりました。

ボッチナイトサーフが耐えられるなら大いにありですね!



さて、〆て引き続き。夜明けまで色々なルアーを投げ倒しますが、ミノーをテロテロ巻いてると一度コンっと当たっただけ。

どんどんあたりは明るさを増し始め、そうなると速いテンポで探ることも選択肢に入ってくるわけで、


マズメパワーで

ボトムレンジから浮気しました(笑)

エラ洗いしまくりの楽しさMAXのやり取りでした。爽快!



その後もボトムを探ったり、さっきのヒットパターンを繰り返したりしますが、特に反応なし。

うーん、この時間帯に少しでも潮が動いてると何かしらあったかもしれない・・・(笑)



と、ふとヒラメの方を見返すと黒い影。



急いでキャストしたルアーを回収して大事な食料の元に駆けつけます。



やめっ・・・ヤメロォー!




時すでに遅し。

ヒラメの尻尾の方が多少キズモノになりました。


そろそろドンゴロスなりの導入を考えなくちゃなりませんね・・・


ルアーボックスを波打ち際に落としてドロドロになったりしーの、毎度カラスとアホみたいなやりとりしーのでタイムリミット、退散!


グローが効く局面もあるのかもしれない、と感じ始めています。今までワームなんてカラーをあまり意識せずに投げてましたが、ちょっとこだわり始めるべきかも?なんて思ったり。