青物撃沈の次の日、日常の釣りに戻ります。

潮位、よし。(前日よりひどくなることはないだろうから)濁りよし。あと一つ、重要な要素が・・・・・




ここ1か月で最も理想的なコンディションだと思ってワクワクして釣り場に向かいます。

前回の釣行で把握出来た地形の変化で良さそうだなぁと思う潮位。


濁りに関しては不安がないというか、前回以上に濁ることもないだろうから(笑)、安心。


あと一つ、重要なのは・・・・


竿抜けしているかどうか。自分は土日と叩きつくされた月曜日はあまり気がのりません。あえてセオリーを外した釣行が多いです。台風で荒れてプレッシャーがリセットされたとか、何らかの影響で状況が一変したとかいう状態を除いて竿抜けはそこそこ意識しています。

この日は台風でリセットされた上に、週の終わりの方。期待。



着いてみるとニヤニヤしたくなるような理想の潮位。目星をつけていたポイントで、いれば最も反応するであろうルアーを選び1投目。


うん、ええ感じ、地形把握したつもりだった予想よりちょっと浅いけど、とボトムをポンポンと跳ねさせます。

駆け上がりを少し上がってきてシャローに差し掛かったあたりでヒット。

そのまま引きはがすように寄せますが、手前でもかなり抵抗するので丁寧にやり取り。フッキングはほぼ完ぺきに決まっているであろうことから、ドラグをかなり緩めにしてやりとりします。

波に乗せ、ランディング。


download (1)-iloveimg-cropped


失礼しました。熱盛と出てしまいました。




たまらん。まさか1投目でいきなりくるとは。

2017-10-27-05-53-29

いいサイズ・・・。口閉じても45はあるでしょ。


ヒットルアーはAXヘッド14gとダックフィンシャッド3.5インチピンクグロー。このワーム、徳島のどこにも置いてないんだけどどうしたのかしら。もうこれがラス1ですけど......。

2017-10-27-05-53-46
バレやすい口してるよなぁ・・・w



よしよし、と続けて2投目、これもバイトあり。嘘だろ!?とアワセを入れると「ジィーーー!」っとけたたましくリールのドラグがなります。あ、デカいやつでフッキング直後から走ったとかいうわけではなく、これはさっきランディング時にドラグを緩めていたためフッキングが入らなかっただけ・・・。残念ながら自分のマヌケさで2バイト目を逃します。

その後何回かダックフィンシャッドで探り、ミノーでサッと探りますがダメっぽい。


さて、落ち着いたところでヒラメを絞め、ビニール袋にほりこみ、砂を掘り埋めているうちにあたりが明るくなります。


こっからがなかなか続かない。

今まで朝にヒラメを釣ったことが極端に少ない理由として、もしかして朝の日が出てからはベイト追っかけに行ってるのではなかろうか、シャローに留まっているのは薄暗いうちぐらいまでなのではというとてつもなく間違っていそうな予想もしています。


この時期のベイトを意識してフリッパーを速めにリトリーブしてきますが、ヒットしたのはタチウオ1本のみ。サイズはF2くらいで小さい。

タチウオ、かなり小突いてくるくせに全然ハリ掛かりしない。おそらく食うに至る条件を満たしていないんでしょうね(笑)


数投はタチウオがじゃれついているっぽかったですが、すぐに群れは抜けました。その後フリッパー、ギャロップで広範囲を探るも魚が興味を示している感じはしない。

うーん、やっぱり以前と魚の反応が違うっぽい・・・。

ロッドの特徴を最大限に生かそうと、珍しくバイブレーションに替えてみます。キャスト、ボトムに落としてリフト&フォール、リトリーブ、それぞれ織り交ぜて広く探る・・・。


むむむ~ん!!!

2017-10-27-06-58-07

フルキャスト→着底→リフトさせて糸ふけを取りながらのフォールを意識しつつ着底→リトリーブし始めでヒット。

ジグ、ワームといつもの手で反応しない中でも引き出すことが出来たのはうれしい。なにか今までの釣りとは違ったアプローチだから新鮮。

使用したバイブレーションはなんら不満ない、というか優秀だと思う......。少なくとも安かろう悪かろうのクオリティではありません。



ん、まあそんなことは置いといて、ちゃっちゃと帰らなければ!間に合わない!



「動」の釣りに対する適正がハンパないです。今まで所有していたロッドでやっていた動作をさらに機敏に、細かく行えます。それが釣果に結びつくのかどうかは置いておきましょう(笑)

C3000にPE1号、リーダー16LBで組みましたが、手前に寄せてくると少しドラグが緩めじゃないと怖いくらいロッドの復元力が仕事します。ダイワ3000クラスにPE1.2号、リーダー25LBでしばらくやってみることにします。

あ、持ち重りに関してはそもそものロッドバランスがとても秀でているので、200gアンダーのリールをつけても快適にロッドワークをこなすことが出来ます。