現状、自分の理想のロッドだと思います。 



image


結局青物をホトンド釣っていない今年・・・。いや、まあ去年も数匹釣っただけですが、このままだと今年もまた青物が不完全燃焼で終わってしまうかもしれない。

通っているわけでもなければ、ベイトの動き、潮のタイミングなどを読める知識もない。さて、この状況をどう打破するかですが、策がない。

なんだか釣れそうな気がする・・・、みたいな浅はかな考えにすがって通うしかない現状です(笑)



さて、薄暗いうち、じわ~~~っと動く潮の中スタート。まあワイコンの使用感を確かめればそれでいいや、みたいな軽い気持ちで挑みます。←嘘ですw


さて、一日目で感じたことを書きます。


FCLLABOのロッド理論をシマノの技術で体現したロッド


以上です。

とりあえず最初っからこのロッドはどうのこうの、とツラツラと書いても、普段から漂う「お前ごときが何言ってんだ感」を助長させるだけなのでこれぐらいにしておきます(笑)



キャストに関してだけ言っておくと、ヘビーシンペンやメタル系のルアーのぶっ飛び感はこれまでに感じたことのない気持ちよさですねぇ。ただ、キャスト時のパワーの入力に対して0~100%全てに素直に答えてくれるので、当人のキャスト性能次第です。ムキになっていろいろ試したらめっちゃ疲れました。つまり、自分のキャストはまだまだに詰める必要がある、ということでしょう。


あ、肝心の釣行内容はというと

アクションのさせやすさやキャストフィールの確認をしつつ、一通りのルアーをローテーションしていると、少し潮がヨレ始めたなというタイミングにキャストしていたスピンテールがボトムにつく直前でヒット。フワっとティップに違和感を感じた瞬間に糸ふけを取り、アワセを入れましたが時すでに遅し、魚に主導権を握られたまま根に走られ、ブッチされました。

ジグやダイペン、ミノーにシンペン、メタル系統と様々な手を尽くしようやくヒットさせましたが、数少ないチャンスをものにできません。ロッドなどをこだわることに楽しみを覚える傍ら、自分の手数の少なさや実釣時の判断の鈍さ、腕のなさから焦燥感に駆り立てられています。


腕のなさは、ルアーのロストという面からも追い打ちをかけてきますw

長らくルアーボックスに入り続けたボロボロのアイアンマービーをついにロスト(´;ω;`)


ブッチされたスピンテール、アイアンマービー、メタルジグ1つとメタル系をそれぞれロストする痛い釣行となりました。