雨が続いて台風が来るとな......。ハイシーズンになんてことをしてくれるんだ。 




非日常の釣り(青物)で当然のごとくボウズくらいーの、ちょびっとタチウオ行ったら高活性だけど細くてリリースだったりーの。そんな週末を過ごし。


さて、日常の釣りに精を出します。

最近は雨が降って河川からの濁りが入ってますね。これがどう影響するのか、良いのか、悪いのか。


満潮潮どまり前後にちょうどマヅメが差し掛かるような、そしてちょうど雨続きの週にぽっかり空いた晴れ間の日。行くっきゃないっしょ!



着いてみるとなかなかの濁り。波も高いです。

この濁りが砂が舞ったような濁りなのか、雨が降ったことによる濁りなのか、それらは一見わからない程度の濁りですが、濁りにもどうやら良い濁りと良くない濁りの二種類があるっぽい、ということは最近ようやくわかりつつあるので悲観せずに始めます。


まずはパイロット代わりにフリッパーを結束。

日に日に違う状況になると感じるので、歩いて探ります。もしかしたら実績ポイントで粘っても結果は同じかもしれないし、むしろ粘った方が良いということになるのかもしれませんが、どっちが新しい発見があるかなーと考えた場合、歩いた方がええかなと思うわけです。

とは言っても短いスパンで数回来てるので絨毯爆撃しか策がないってわけでもなく、今日はそこまで長い距離は歩かず、数m単位で動いて、角度を意識してトレースします。

フリッパーのただ巻きで反応がないならギャロップでジャークを混ぜた動きにして、それがダメなら・・・とボーっと今日使うルアーを考えながらリトリーブしてると、70mくらい先でただ巻き中にひったくられます。


あれ?

イマイチ脈がないなーと思っていた場所だし、数日間ジャークに対する反応が良かったので意外に思いながらもずり上げてみると、エソ(笑)



しかしマゴチやヒラメが釣れる以上にエソが釣れる方が意外だったので、これはのちの釣りを組み立てるに結構ありがたい指針となります。

ギャロップ、スプーンコンプリートとローテーションしますが、魚が触れる感触はなし。

濁りのせいでジャークに対する反応が薄い?うーん、イマイチわからん。

そうは思いつつも、あんな場所でエソが釣れるってのはもしかしたらベイトが結構な量入ってる?という可能性も消しきれず。



再びフリッパーに戻し、あまりボトムから浮き上がらないよう、かつもし濁りの影響があってもしっかり見れるようにスローにリトリーブします。

他の鉛系に比べ、スローなリトリーブでも底を擦らずに泳いでくるのは大きな武器ですねぇ。

しっかりみせる、見せる、魅せる・・・・・。



ヨイショ!



2017-10-17-16-26-29


ボトムからジャークも何もいれず、ただ巻き7~8回くらいでバイト。相変わらず腹フックが用をなさない流行りの2フック鉛系ルアー......。


あれ?このサイズ、下心見え見えの口開けた計測なら40超えるのではないか......?(ゲス顔)


2017-10-17-16-26-25


無理ですね(^3^)


でも、久しぶりにまあまあサイズ釣ったのでうれしい。


これが正解なのかぁ~!と、フリッパーをリトリーブし続けるも続かないので、少し欲を出します。


そこそこの濁り、そこそこの波の高さ、もしかして高活性?ということで、今日みたいな日はエソがベイトになるのではないか・・・と思い、サイズアップ目指して15cmクラスのミノーに切り替えます。あ、本人はいたってまじめに考えています(笑)


波が立つ場所をネチネチ攻める。攻める・・・・・・。



・・・・・・。



何も起こりませんでした(笑)


そらまあ、サイズアップなんて実力に似つかわしくないこと考えてるのだから当然っちゃ当然ですw


諦めてギャロップでジャークメインに攻めますが、今日はジャークに対して全く魚が興味を示さない。

おかしい、と底を擦らないスピードでただ巻きもしますがこれも何も起こらない。


やはり今日はスローリトリーブなのか.......、とフリッパーに戻すと、これには反応がある。


テンションフォールで着底、再びリトリーブをし始めた瞬間にかなりの重み。ん?ゴミか?と思いつつもフッキングを決めると(←ルアーの生還率が低い理由ですw)、一度強くロッドを叩かれて直後にフックオフ。

結構重み感じたんだけどな~、悔しい。


あ、なるほど、今日の解がわかったぞ。

大きなシルエットでいける、という予想はおそらく間違っていない。


答え合わせします。


っと


ドーーーーン!!!






あれ、ヒラメだと思ってたんですけどね、おかしい......。けどマゴチも嬉しい(^3^)

2017-10-17-17-25-52


かなり波打ち際でのヒット。近距離なのでかなりロッドは絞り込まれましたが、ロッドのパワーに任せてそのまま10回ほどリーリングしてずり上げることが出来ました。


なるべくボトムから離れず、かつ大きなシルエットでゆっくり見せる......。これが自分の出した解でした。

もしかしたらフリッパーで粘るのも正解だったのかもしれませんが、魚の反応がない場合、じゃあこれは?んじゃその次は?とローテーションする方がこらえ性のない自分に合っています(笑)


うーん、何をやっても結果が同じだとしても、アレコレ考えながら結果が出ると楽しいことこの上なし!


5インチ、頭落とさずそのまま使ってます(笑)
海の状況みてジグヘッドの重さとかもいろいろ試行錯誤するのも楽し!

あ、セルテートはドラググリス塗りなおしましたが、ちょっとATDドラグワッシャーを試してみよかなという気になってます。