徳島帰ってからも相変わらずのタチウオジャンキーっぷりです 


その1

夕マヅメにシーバス帰ってきてないかな~とかそろそろフラット行けたりせんかな~と思っての釣行。

結論から言うとマダでした。海に生命っ気がない。



それでも日が暮れるころにタチウオは回遊してきてくれるので、渋い中ポツポツと拾ってこんな感じ。細くて損傷の少ない個体はリリース。回遊してくる群れの太さはまだマシレベル。

2017-08-28-19-46-58

ワインドについて今まで以上に語ることはありません。

チョンチョンと動かすだけで十分アピールできています。ロッドを鳴らしてバシュバシュ動かすワインドも活性が高い時は有効ですが、低活性時の反応がすこぶる悪いです。

他には・・・・・、フォールをしっかりとりましょう。だけです。


その2

バカ荒れ激風。


激渋の中2本。ワインドでは1本。釣れなかった理由はハッキリしています。

僕のワインドの場合、動かしちゃダメなのに爆風でラインが持っていかれてしまうからです。そして、単純に糸がふけすぎててアワセが入らない(笑)

2017-08-31-18-19-15




なので、テンションかけて巻いてこれるミノーに切り替えてかろうじて1本。

2017-08-31-18-49-12


あ、驚くほどクソな釣り具、久しぶりに発見しました。

image

だれかこれの使い方教えてください。僕の使い方だと抜き上げ時にアシストフックごとオートリリースが発生します。企画した人はホントにテストしましたか?


自分のリサーチ不足で本来の方法とかけ離れた使用をした上に不当な評価をしてしまいました。上記してある評価を取り消させていただきます。

適切な使用方法を試したのち、もう一度評価をしたいと思います。不当な評価で貶めてすいませんでした。

コメントして下さった方、ありがとうございました。


その3

夕マヅメにどんなかんじだろーと久しぶりのポイントへ。夕方、サンラインさんが日が出てるうちにタチウオの数拾えるパターン発見。

マネするもまったく釣れぬ・・・。小さなアクションでジグがしっかり跳ねるロッドを初めて欲しいと思いました。今までロッドに合わせてジグをアクションさせればノープロブレムだと思ってましたが、そうじゃないんですね。

暗くなってワインドで5本くらい拾って退散。相変わらず僕がてんで発見できないパターンをチャッと見つけるトコロに驚かされます。



その4

タチウオ釣ったことがないらしい後輩君と釣行。アコウぼこぼこ釣ってるのにタチウオを釣ったことがないあたり、釣りの地域差を感じる。

行って夕方まではエソやらメッキ系の何かやら。

2017-09-03-16-08-55


薄暗くなってメタルバイブ早巻きでタチウオ。もしかしたら以前同様日が出てるうちにもコンスタントに釣れるのかもしれませんが、僕に釣る実力はありませんw

ワインドの時間帯になって、教えたらすぐに釣ります。個人的に知ってる同年代では一番しっかり基本拾えてる人物だと思いますね。なんか上から言うようになりましたね、自分(笑)


僕はリリース分込みで9本?10本?ぐらい釣って終了。群れが流れてきて、潮目について、ちょっとするとどっか行って、というのが顕著にわかる釣行でした。

2017-09-03-19-33-25


今時期の徳島での話になりますが、タチウオは潮が走っている場所だと回遊はあります。いっぱいは釣れないけど。ぽつぽつ拾っていくので祭りは期待できませんが、そーゆー釣りも好きです。

あ、ランク付けすると、一番いいのは潮が当たる場所。次点でベイトが溜まってる場所。最後に僕がやってるような潮が走っている場所。

この順位付けは必ずもそうなるわけではなく、潮の当たり方にも場のポテンシャルと言いますか、普段から青物がかなり入ってくるような潮の場所はタチウオもいいし、普段エソばっかでって場所はイマイチ群れの規模も期待できないというか、まあなんかそんな感じです。

前述した3つのうち、2つ以上の要素が重なると大爆発ってかんじじゃないでしょうか。



スカイロードの方が確実にワインドはやりやすいですが、シーバスロッドのMLとかでもできます。だんだんシーバスロッドでのワインドでも数を伸ばせるようになってきました。



追記:以前タチウオの釣果をブログに載せない、と書きましたがそんな自惚れはやめることにします。このブログの本来のスタンスである備忘録としての役割を忘れていました。どうやら今年はどこでもタチウオ釣れてるので釣果をすべて書きます。