Pのルアーインプレ、記念すべき第一弾はおそらくもっとも使用しているであろうルアー、ギャロップでございます。

あ、インプレと言いましてもただ現時点で思ってることをつらつらと書くだけで、気づくことがあったらアップデートしていく、みたいな感じにすると思います。






そこまで多くのジグを使ってきたわけではありませんが、現状


ライトショアジギングの基準になるジグ


だと思っとります。


2017-08-09-08-17-05




ネットで検索すると2002年頃に有名アングラーが使用しているwebページが引っかかったので、それより昔にはすでに発売されていた様子。2002年となるとまだ自分はネションベン垂れてた頃でしょうから、知る由もありませんなw

発売当初はアシストフックのない「ギャロップ」だったようです。最近になってアシストフックがついたとか。形状に関してもマイナーチェンジしてるようです。

以下、ギャロップだとかギャロップアシストだとか書いてますが、全てギャロップアシストのことです。悪しからず。



Pさんが釣り場にひとつしかルアーを持っていけないとなると持っていくのはギャロップですね。主に30g使ってます。今回書くのは30gの事であります。

20gは使ったことない。40gはジャークがやたら重かった気がする。60gは使ったことがない。今回書くのは30gの事であります。大事なことなので(ry


お値段、セール時に600円切ります。マトモなトレブル、アシスト付きだと考えるとまあアリな値段。最近店に並んでるサーフに使えるメタルルアーと比べてみると、相対的に安い(笑)

フックに関しては後述。


まず言いたいのが、


塗装が糞すぎる


まじうんこ。うんこうんこ。


ダイソージグ並みです。

ジャクソンはとりあえず感ハンパない新製品乱発はやめて、開発リソースをこのジグの塗装に向けるべきですほんと。メジャクラのジグパラほどの塗装クオリティは求めませんから、せめて一か所下地出た瞬間そこからペリペリ剥がれ始めるのはなんとかしてください。

それとも、あえて優秀なルアーの塗装をクソにすることで購入サイクルを早めようとしてるのでしょうか(笑)




キャスタビリティーに関して、後方重心の30gほどのジグはどれをとってもだいたいサーフタックルで100mくらい飛びます。それを「ぶっ飛び」と言うか、昨今のメタルルアー乱発においてもはや当然とするべきかは、各々の感じ方次第でしょう。

リアバランス型のメリットとして、誰が投げてもよく飛ぶ、というものが挙げられます。センターバランスはしっかりと投げれないとくるくる失速、フロントバランスはどんだけ頑張ってもきれいに飛ばないことがあります。


キャストに自信ニキならどんなジグでも何でもござれでしょうが、初心者からしたらテキトーなキャストでも綺麗に飛ばせるというのはありがたいものです。


逆風、横風の時でも姿勢崩さずに飛ぶのもうれしい。というか後方重心のジグの特筆すべきメリットです、これ。


徳島とかの現状特にプレッシャーの高くないサーフで長距離砲が必要なのかと問われると「必要です!」と言い切れませんが、30g前後のジグは間違いなく需要があります。



と、キャスタビリティーに関してはリアバランスジグの当たり前な部分のみ列挙した感じですね。こんどから他の後方重心ジグのこと書くときにコピペしようかなwww



アクションについてですが、ショアジギング的な使い方、ただ巻きサーフヒラメ的使い方のどちらもできます。

ショアジギング的な使い方として、メインは俗に言うオッサンジャーク。着底からフワッフワッとジャークすると綺麗に左右にスライドします。ジャークのピッチを短くしてテンポよく誘うか、ジャークのピッチを長めにとってスライド後のフォールの間で誘うか、オッサンジャークでもいろいろその日の反応によって使い分けることが出来ます。

ショアスロー的な誘いよりかは、ジャーク後のスライドで食わせる、というのが良いかと思います。そのスライドに変化をつけて、というのを脳内で意識しながら使用するというのが大事です。

ショアジギング、なんとなくシャクってるけど、どこで魚が反応するのかを考えることでちょっとでも差がでるのかな~と。


image



ジャカ巻きもアリですが、自分はジャカ巻きにはスライド幅の小さい他のジグを使っています。主にこの2つのジグの使い分けによって自分のメタルジグ事情は成立しています。



お次に、ただ巻きサーフヒラメ的な使い方。今となってはフリッパーやスピンビームなどの台頭によりただ巻きは当然となりましたが、以前はメタルジグただ巻きはイマイチ主流では無かったようです。

アクションは単純、お尻フリフリ。アクション時、若干尻下がりにも見えますがちゃんと魚を連れてきますし、アクションの破たんしない速度域も広いです。ちなみにかなり高速に巻いててもアクションが破綻してないならヒラメは食いついてきます。テンションフォールもお勧め。フリーフォールより効くときがある。フリーフォールが効かないわけではない。

自分がヒラメを狙うに当たって、あえてメタルジグただ巻きを使うのはフィッシュイーターが「イワシ」を強く意識しているときです。徳島でいえば春のカタクチシーズン。いまんとこそこで特に活躍しました。

2017-05-01-16-43-21


ぶっちゃけ最近のサーフメタルルアーの流行りである腹側のフックは必須事項ではないと思う・・・・

サーフとはいえ根掛かりはあるし、ボトムを恐れず攻めれるのは低コストなジグであって、根が荒いとなると根掛かりしやすい2フックの流行りのジグよりフツーのメタルジグの方がよさそう。

ま、要するに適材適所です。

流行りのサーフ用メタルジグとギャロップとの釣果の差を知りたくて日によってメインを使い分けたりしましたが、春のカタクチシーズンで特にどちらが優位、ということもなく(笑)



・・・・・うーん、結局コレ、アクションについてもリアバランスジグの当然なことを書いただけですね。




でも、それが大事なんです。リアバランスジグとはかくあるべき、と体現できているジグです。


これ以上飛距離だけを求めると動きが犠牲になる。これ以上フォールの動きを求めると飛行姿勢と距離に難が出てしまう。これ以上塗装強度を求めると値段が跳ね上がるw


たとえば、これよりわずかに飛距離が出る同重量のジグは数あれど、そのジグがスライド後のフォールでこのジグ以上に食わせることができるのか。おそらく、お尻から直下していくジグになってしまうでしょう。

また、フォール後の「釣れそうな動き」、要するにヒラヒラと木の葉が落ちるような動きを求めてフロントに重心を寄せるとキャスタビリティーがガクッと落ちるでしょう。

同重量でシルエットをもう少し小さく、つまり太さなり厚さなりを増して全長を短くして、それによるメリットを求めると一定速度以上でクルクル回ってしまうでしょう。まぁ左右非対称にすることである程度はクルクルを防げるようですが。

これ以上のウォブルを求めると・・・・、ジグとしてのジャーク時の魅力が損なわれます。



ギャロップはそれらデメリットが出てしまわないようにかつ、メリットが活きるようなジグです。

それが偶然の賜物なのか設計の意図するところなのか僕は知りませんが、最近でも発売され続けているライトショアジギング用のジグでこれらを内包した「ギャロップ以上」のジグはあるんでしょうかね?



んま、これが冒頭で書いた「基準になるライトショアジギ用ジグ」と書く理由です。たいていの場合はこのジグが仕事をこなしてくれますが、よりスローに誘いたい、より高速ジャークで誘いたい、などなど使用者の「これがしたい」に合わせて他のジグに切り替えるのはよしです。それが明確なアングラーにとっては必要のないジグかもしれませんが、このジグがこなせる役割は決して少なくありません。


これらの内容からつまり、ギャロップは初心者にオススメするジグです。自分が何をやっているのかわからない状態でもなぜか釣れてくれる。自信のないキャストでも飛んでくれる。最初からちゃんとしたフックがついている。


あ!フックに関して。後述って書いてるのに忘れるところだった。

リアのトレブルフックは使えるものがついてます。毎回水洗いすれば真っ茶色になってしまうことはないでしょう。しかし、フロントのアシストフックが錆びるの速いし、ティンセルはすぐ縮れるし、セキ糸はエソの攻撃でほつれてきます。


それと小ネタですが最近のロットとちょっと前のロットでフックの大きさが違ったりしますw

2017-05-26-02-41-01
同じ30gのギャロップです


フロントフックはこまめにフックの鋭さを確認し、ダメになったらすぐに自作なり市販のものなり予備のアシストに切り替えましょう。

image
こんなことになったら即交換です(笑)



おすすめカラーはレインボー。異論は認めん。リピートしてるから最も釣れてるのはもちろんですが、自分はこのいかにも釣れそうな色が大好きです。そしてちゃんと釣れます。

ブログではタチウオシーズンのタチウオ狙いにあまり触れないですが、ギャロップのフルシルバー?なんかギンギラギンにシルバーの色があるんですが、それがタチウオにやたら効きましたね。似たような色っしょ?とレインボーと投げ比べてもフルシルバーの方が反応が良かった。どうやら限定カラーのようで、常時店頭に並べることを希望します。







いつもどおり蛇足&邪推を書きます(笑)

このジグのこと自分はリアバランスって書いてますが、そこまでがっつりリアバランスではないのかもとシルエットを見ていて思ったりします。エラの部分で段差がありますが、数%とはいえフロントに重心をもってくることに貢献していますし、シルエットの割にきれいなフォールはそこから来ているのかもしれません。なだらかにリアにウェイトを持ってきている形状によりアクションが破綻しない上に飛行姿勢は崩れないし。でも微リアとかいうよりはリアバランスなジグなんですよね。

あ、フォールエディションとゆーものもありますが昔の記憶では特筆すべきジグではなかった気がします。かといって、それで済ますのもあんまりだからあまりネガらずにもう一度買ってみたいと思います(笑)