徳島においてフラットを狙えるのはサーフ、堤防、あと河川まわりとなります。さて、そういったところでオールラウンドに使えるロッド、はたしてどんなもんじゃろ?と。 


結論から言いますと、遠浅サーフ、堤防、河川の場合シーバスロッドの9.6ftや10ftの15~30gを振り切れるロッドで十分です。906MLとか、1000Mとか、まあ初めの一本はMLでいいかと。

徳島県南のゴロタサーフとかはまたちょっと違ってくるかと思います。今回の記事では、サーフに関しては遠浅サーフ、ということで。


2017-05-30-04-56-02



世間一般でもてはやされているヒラメロッドは〇〇が必要!とかと書いていることがちゃうかもしれませんが、まあ一般人の一意見ということで「フーンそんな考えもあるのね」程度に聞いてください(笑)


まず、なぜヒラメ用とされているながーいロッドに比べ、9.6ftあたりをおすすめするのか。

それは長いロッドのメリットは徳島においてそこまで必要ではなく、そして短いロッドには大きなメリットがあるからです。


大きなメリット、それは疲れにくさです。

MLがおすすめなのもこれが要素の一つとして含まれています。

ヒラメを狙うにはマヅメ時だ!っていう定説、正しいと思います。だって、何も考えなくても条件が揃いやすいですからw

しかし、マヅメ時を外しても釣れる、フラットはそんな魚です。条件の絞り込みさえできればドピーカンでも釣れます。マゴチは特にそうですね。

image




で、サーフで歩いて歩いて、堤防で魚が入ってくるのを待って待って、とした場合、どうしても持久力勝負になります。

モヤシっ子であるPさんは強いロッドをずっと振り続ける体力はありません・・・というかあっても次の日死にます(笑)

そこで、ロッドのパワーとかと相談した結果、フラット狙いはMLで十分じゃん、という結論になりました。魚とのやり取りに関しては、障害物がない場合はMLでロッド曲げてればすぐ浮いてきます。~60cmのマゴチ、ヒラメなら難なくとれるパワー持っています。Mならなおさらのこと楽にやり取りできます。


長さに関しては、昨今発売されているロッドは長尺でも十分な軽さを誇っています。しかし、考えてみてください。いくらスペック表では長くて軽かろうと、実際持ってみると手元にはそこそこの重さが来ることくらい、物理を中学の時に習っているならばわかるハズです(笑)

10.6ftだか11ftだかの世のサーフヒラメ用のロッドと比べ30cmくらい短くなって、9.6ftとなるとそれはもうとても軽く、羽のように感じるわけで(笑)

持っているだけでも差がありますし、それ以上にキャスト時の振り抜きでも差があると思います。長いロッドは、短いロッドに比べて振り抜きに難があるのは当たり前でしょう。長ければ飛ぶというのはもちろんですが、その長さを一日中振り切る体力がなければ意味がありません。

9.6ftもあれば30gぐらいのジグを十分満足いく距離飛ばせます。

あ、それ以上に飛距離が必要!ってなって40gくらいのヒラメ用メタルルアーが発売されてますが、それは激戦区で手前の魚が釣りつくされている場合にそれより先を探る目的で発売されているのが一番の目的なわけで、徳島の場合そこまでフラット狙いの人口が多いわけでもなく、手前にいる活性の高いのを狙うほうがいいかも・・・。それか、明らかに30gで届かない距離のブレイクがねらい目なら40gクラスを使えばいいですがそんな局面・・・なさそうw


長いロッドが徳島に必要ないと言ったのはなぜか。長いロッドはその長さで波をよけることをメリットのひとつとしているわけですが、徳島の遠浅サーフはそこまでごっつい波はよほど荒れてないと来ません(笑)

例えば、爆風、バカ波といった条件で釣れる場合もあるのでその時はMパワー9.4ftのロッドで風に負けないようにタックルを組んで釣りをしますが・・・、初心者はそこまで無理する必要はないはず(笑)そもそも波が高くなる条件である風が強い場合、長いロッドだと振り切るのも一苦労です。(硬いロッドなら振り切れます、磯ヒラロッドとか)

くわえて、特例といいますか、激流の河川でリーリング時にロッドがルアーに負けないようにするためにMパワーのロッドを使うこともありますが、やはりどちらの場合も使用するのは短めのロッドであって、長さは必要ありません。

堤防においても、背後にテトラがあったりで長いのは少し取り回しずらかったり・・・・・いずれにせよ、9.6ftで苦労したことはないです。


そうですね・・・・、理想で言えばMMLとか、強めのMLとか、そんなパワーのロッド。僕がメインで使っているのはセブンセンス972SR。

風が強いとか、流れが強いとか、条件に応じてAR-C TYPE XX S904Mを使います。実はそういった条件の方が魚が釣れてくれたりするのでAR-Cの方が釣っているフラットの数は多いですw

2017-05-26-08-12-37

image



使用するルアーについては

ワーム(シャッドテールとピンテールの使い分け)、メタルジグ(スイミング、リフトフォールの使い分け)、スピンテール、メタルバイブでしょうか。また別の記事で解説したいと思います。シーバスを視野に入れた場合ミノーも使いますが、ぶっちゃけミノーで釣れるフラットは他のルアーだともっと楽に釣れると思いますwwwりゃミノーで釣ればかっこいいけどサ、ワームの方が釣れるんだもんw

これらはMLで扱うことが十分できますが、先ほど言ったように40gを扱わないと精神が安定しない人はMパワーのロッドを使えばよろしいかと。

もしくは、ワーム、スピンテール、ミノーがメインの人はML、ジグメインの人はMを選ぶのがいいかもしれません。しかし、MLでもフラットを狙うにおいてはジグを十分使えます。ただ巻き、フォールのくり返し、それかゆっくりとしたリフト&フォールで誘うことが多いからです。MLで30gクラスのジグをジャカ巻きはしんどいかもしれませんが、フラット狙いのスピードで(ショアスロー?w)狙うならティップをゆっくり跳ね上げるので問題ありません。



あ、専用ロッドではなく、シーバスロッドで十分だとする理由として。まず専用ロッドに短めなものが少ない、というのも理由ですがそれ以上にシーバスロッドで不満な点がないです。

ティップが硬くてはじく?噛みつき系の魚にそれはどうでしょうか。感度がいいハリのあるロッドを使い、微細なバイトをいち早く拾い、ガッチリフッキングを決めるのは柔らかいティップでなせるものではありません。そのあとばらさないためにベリーが仕事をするわけで、ちぐはぐな設定でない限りティップがバラシに影響するとは思いません。

昨今のサーフ用ロッドは「はじかない柔らかいティップと引き波に負けないバットパワー」というのがメインストリームですが、徳島においてはフラットとのやりとりにシーバスロッドのMLを超えるバットパワーが必要とは思いません。長いロッドに比べて9.6ftほどのロッドがばらしやすいとも思いません。実際上記の2つのロッドを去年秋、今年春と使用してバイトに対するキャッチ率に一切の不満がありませんし。

くわえて、そこまで波が強いとこもなくシーバスロッドで十分です。不意な青物も事故的確率です(笑)


さて、これらからおすすめするロッドはなにか。求めるのは最低限の感度。ヒラメマゴチは意外とティップをグッと引っ張るような微細なバイトをするときがあります。ルアー着底と同時に食った場合、この傾向が大きいです。これを感じ取ることが出来、かつ最低限のハリがあるティップ、ダルさのないブランク、となると・・・・


13ラテオ96ML,96M



出た、Pが誰にでもオススメするロッド、ラテオ。ぶっちゃけコスパ最強でしょう。90Lを持っているし、周りでも96MLやらを使用する人が多いので無責任な紹介にはならないハズ・・・・・w
何もかもの必要最低限を満たしたロッドがこのお値段、文句あるはずないでしょう。個人的にはディアよりラテオを推します。



ディアルーナXR 906ML、906M



硬い~とかはじく~とか言われてますが、んなことはなく、実際Mパワーのディアルーナをメインに使っている知り合い2名はシーバスもフラットもディアルーナでしっかり釣っています。シマノのルアーウェイト表記はMAXいっぱいでもしっかり振り切れます。ぶっちゃけて言うと、メタルジグならすこしオーバーしてても振り切れたりします。あ、さすがに折って僕に文句は言わないで下さいねw
ラテオに比べハリが強いです。まあ、宗派の問題だったり、ハリがある方が好きだったりした場合はディアを選ぶといいかも。


フラットを狙うにあたってはこの二つくらいのクラスが快適に釣りをする最低限であり、それ以上を求めるのはガイドがチタンになったり、さらに感度がよくなったり、バットの粘りが~、ティップのハリが~、といろいろありますが、おすすめ2つのロッドがフラットを狙うにあたって必要な条件を満たしていないとは思いません。

ラテオもディアルーナも自重は軽いですし、シャッキリしてますし、投げる感触に関してはディアが思いっきり投げた時に対するロッドのパワーが少し物足りない感じしますが、飛距離はしっかり出ています。ぶっちゃけ8割の力でしっかり飛ぶロッドが理想なので、Gクラ使うよりよっぽどサーフ向きかもしれませんw

14gのジグヘッドのワーム、20gのスピンテール、30gのジグがフルキャストできますし(MLで30gのジグに不安があるならキャスト練習をしましょうw)、20gほどのフローティングミノーで遠浅サーフを攻めることもできます。


ではでは、流行りとは少し違う紹介となりましたが、実はこの紹介はシーバス狙いの人ならなんの問題もなくフラット狙いもできるよってことでして、86MLでも90Lでもフラットは狙ってみることが出来ます。ただし、そこまで短い場合は使いづらさを感じます。実際90Lも使う時はありますがかなり限定的かな・・・





こっから下はいつものPのトンチンカンな邪推といいますか、的外れ率高そうなぼやきです。普段から僕のブログを覗きに来て下さる物好きのお方のみお読みくださいませw



えっと、ラテオやらディアルーナやらを推す理由として、他にもあります。昨今のサーフ専用ロッド、たぶんこれからも出てくるとは思いますが、だいたい2~3万円なんですよね。それを他社より頑張って低価格化した、とか言えば努力の結果ですねすごいですねーってわけですが、逆説的にいえばフラット用のロッドはそれぐらいで十分だ、とメーカー自身が言っているわけです。

例えばネッサci4、フラットに必要十分なロッドです。しかし、超個人的な意見を言わせてもらえばサーフ以外では使いにくいロッドかもしれません。バットは硬いだけでタメがなく、3ピースゆえの爽快なキャストが出来るベリーでもなく、風が強い時に振り切れるブランクだと思いません。つまり、サーフにおいてはバットは棒で魚の引きに対して何の役割も持たずとも障害物がないのだからドラグ出すなりしながらよせればいつか寄ってくるから必要ないってことですね。ちなみに、これはテトラ周りでは大きなデメリットです。

ロッドのテストはただでやってくれるテスターまかせ、ブランクは中国で作り、フジの基本的なガイドをのせる。これで2~3万円ということは、フラット用のロッドにお高いカーボンは必要なく、テストを密にする必要もなく、ある程度のクオリテイで仕上げれるノウハウのあるメーカーなりであれば誰でも発売出来るっちゅーことです。

フラット用ロッドにそこまで限界を求めた製造工程が必要でなければ、ブランクの構成の考えを密に練る必要もないわけです。安いカーボン(というと語弊があるかも、扱いやすいカーボンとか高くないカーボンとか言っときましょうか)つかって普遍的に仕上げれば昨今の売り文句的なロッドは作れるまで技術が進歩してるわけですね。喜ばしいことこの上なき、しっかりとその文の意味を汲んであげましょう。

で、中国の適当な窯屋に頼んだら低価格である程度のクオリティーのロッドを作れることは今は無きダイコーが証明しているわけで、そこらのルアーメーカーでもフラット用ロッドは参戦しやすいわけですな。

ルアーに関してもそうです。作りやすい鉛、ワームのルアーが最も釣れるからそこまで力のないメーカーでも参戦できるし、大手からしたらピッと気軽に作ることが出来ます。パクれば開発費もかからなくてさらに安上がり。熱くなってるのはメーカー、ユーザー、どちらが燃料を投下しているのですかね(笑)