唐突に始まったこのシリーズ、一応正しいことを書いているつもりです。しかし、



自分で全て触ったわけではない→つまりインプレではない


自分で作ったわけではない→開発の意図なんてわからない




といった理由から「無責任な」、と最初に断りを入れておきます。そうですね、簡単に言えばネットソースなわけですねw 
 

すいません、リール編が第一弾だったからと言って次にロッド、ルアー、ラインなどのタックルの核をなすものが来るのかと思えば、次はスナップですw


image
 

はい、自分の今メインで使ってるスナップです。EGワイドスナップの2番。セール時の事を考えたら一個10円換算。


個人的にスナップに関しては消耗品だと感じるところが強く、その消耗品に質の良いスナップをいくらでもすっぱかすっぱか使えるアングラーならともかく、消耗するもの(ルアー含む)に対しての財布の紐はなかなかに硬い自分としてはスナップはあまりいいものを使える類の道具ではないのです。



スナップを使用せずにサーフや堤防での釣りをしている人は案外います。その人たちのルアーチェンジと言えば、毎回結束をハサミで切り、また結びなおし、そして余ったラインをハサミでカットするという・・・・・


百害あって一利なしと言いますか、まあそれは言い過ぎとして。実際は直結の場合スナップのオープン、破断などが直結だとないので一利なしとは言えませんが、もろもろのデメリットを加味してもスナップを使う方がええかなーと思うわけです。


でも、いざ使うとなると迷いますよね、スナップ。中華丸出しルアーに付属してる貧弱スナップは論外として、それなりに種類が売られているスナップ。

クイックスナップや耐力スナップと同形状の、つまり一番一般的なやつ。エッグ型とかラウンド型とか言いますかね?

クロスロックスナップなどの強度重視のやつ。

あとは・・・・・、こんな感じでひっかける部分が普通のラウンド型のスナップに比べ、物理的に伸ばされにくくなっている形状のやつですかね。あ、見た目の感じで判断してるだけなので実際は知りませんw

image
なぜシワシワになっているかというと、ポケットに入れたまんま洗濯してしまったからですwwwww
小学生のころからよくポケットにティッシュを入れたまんま洗濯機に放り込んでしまう、そーゆーやつです。まるで成長してませんね。



他にも種類はあるかもしれませんが、まあ自分の独断と偏見で言えばこの3タイプに分けられ、この3タイプが王道だろうということで話を進めていきます。


まず、スナップに求められるものは何でしょうか。

・交換のしやすさ

・破断強度

・イレギュラーがない

・ルアーの動きの自由度

・値段(笑)


etc......

まあ挙げればキリがないわけですが、これくらいに焦点を絞って話を進めていきましょう。あ、今回の話はPE0.8号~1.2号程度を使用するような釣り、つまりサーフや堤防での釣りを考えて話を進めていきます。それ以上の釣りでどうなるのか云々は各自お考え下さい(笑)


このスナップがおすすめだ!みたいなことは、例のごとくメーカーに対する思い入れもなければ、誰々さんが使ってるから~、おすすめだから~、そんな脳死なこと、書く気もありません。

自分的にすげえと思うメディア釣り人、プロはいれど、盲目的に信じてしまうのもいかがかなと思うわけです。ま、盲目的に信じてしまうことで楽しめる部分もあるので人それぞれですが。

いかん、話がそれた。



・交換のしやすさ
えーっと、交換のしやすさでいえばラウンドタイプになるわけですね。クロスロックタイプはボツです。ジグひとつ交換するのにいちいち時間がかかりすぎます。余談ですが、直結に関してはリーダーは短くなり、時間はさらにかかり、ということでもちろん論外です(笑)


・破断強度
破断強度に関しては論じていけばいくほどキリがないですね。

だいたい、初期の強度と、使い込んだ後の強度を一緒くたにして考えてる人多くないですか?

当たり前ですが、金属なので金属疲労を考慮する必要があります。そして、同じ鋼線の太さで云々というと錆びに対する強さや、粘りがどうのこうの、などなどスナップ一つとってもいろいろ考えなければなりません。

自分の経験で言うと、耐久力を考えた場合、クロスロックタイプもそんなに強くありません。毎釣行新品を使う場合はクロスロックタイプがさいつよなのかもしれませんが、同じ金属である限り、疲労による強度の低下は避けられません。

まして、クロスロックタイプを使う状況を考えると、ジグの登板回数が多くなりません?くっそシビアな状況からシーバスを引きはがす、なんて状況を除き、ボトムタッチを繰り返すような釣りにクロスロックタイプを使用するかと思います。つまり、根掛かりは多くなりますw

毎回毎回キャストでとんでもない力がかかているせいか、釣行時ふとしたときにスナップの強度確認のためちょっと力を入れてみると、ポキッといってしまうスナップもありました。クロスロックタイプです。たしか谷山商事のメーカーのやつだったな。

ルアーをキャストするたび、ルアーをチェンジするたび、何かしらの方向に力がかかっているわけで、その変形を繰り返すと金属が弱るなんてことは当然です。

強度、と言っても初期強度と耐久度の二つを考えなければなりません。あと、スナップは番手が大きくなると無条件で信頼していいかというと、そうでもなく・・・


あ、悲しかな自分の場合はスナップの強度をぶっちぎるような魚とやり取りをしたことがありませんw

逆に言うと、よっぽどのことがない限り、適正番手なら魚相手にブッチされることはないかと思います。


・イレギュラーがない
これは完全に自分の経験談による話ですが、スナップはファイト中に開きます(笑)

引っ張り強度、破断強度だけを考慮した場合、鋼線を太くする必要があります。太くすると開閉時に難がある、その他もろもろの理由からスナップそのものを大きくする必要があります。ということは、ルアーの遊びが大きくなります。

これが、スナップの開きが起きてしまう理由です。

オープンした時のこと。あれ?強度はあるし、これ新品なのに開くほど弱いのか?と思って今までキョトンとするしかありませんでしたが、どうやら遊びの大きさのせいで荷重が横にかかるせいで、スナップが開いてるんじゃないかな~と。

ボンバダスナップというとてーも強いスナップがあります。

みんなが絶大な信頼を置く耐力スナップというスナップがあります。

それらどちらも2号を使用時、スナップにアシストフック、ジグを通した場合にどちらもファイト中にオープンしました。書くの忘れてましたが、さすがに自分のスナップの閉め忘れではないですw

2017-05-26-07-36-44


2017-05-15-14-45-42

↑の写真はどちらも耐力スナップ2号です。魚の引きによるテンションの増減がジグの動きと連動してない、という理由もあるかもしれませんが、不思議と小さな号数のスナップを使用するとこのような事象は起きていません。


そのようなイレギュラーを加味するとPE1号前後を使う釣りに、そこまで大げさなスナップを使う必要もないと思います。耐力の2号は完全にオーバースペックです。

ま、このイレギュラーに対する不安感はたぶん経験した人しか感じないので、ジグとアシストフックを分けずに接続する人からしたら不要な考えですかね。でも、楽なんですよね、ジグとアシストフック分けるの。


・ルアーの動きの自由度
はい、出ました。さっそく上記での結論と相反する題です。ちなみに、ルアーの自由度に関して最も論外なのが直結です。

これを語るうえで考慮する必要があるのはスナップの形状、重量、大きさ、以上です。

形状に関しては、エッグ型と言いますか、それが最もいいですよね。自由度というのはルアー本来の動きはもちろんのこと、食わせることに必要といわれてる「イレギュラーな動き」も発生させることになります。

逆に、先のとがっている形状のスナップは先ほど述べた不意なスナップの開閉は減少するかもしれませんが、ルアー本来の動きを殺すことになりかねません。ついでに言うとメタルバイブを使用すると斜めに走ってきてしまう組み合わせもあります。


自由度を殺すことによって先ほど述べたジグ使用時の不意なオープンは割けることが出来るが、他のルアー使用時におおきな影響を及ぼすスナップは使いたくない・・・・・

と考えましたが、ラウンド型の場合は小さくてもルアーの挙動に問題はなかったので、ラウンド型を使用しています(笑)


スナップの重量は、意外とシビアな問題です。

僕みたいにどりゃーっと投げて、テキトーに巻いてくる釣りなら問題ないかもしれませんが、0.1g単位でシビアになってくる釣り、つまりライトゲームなどではスナップ程度の重量変化でも釣果に差があるようです(自分はやらないから経験談ではないですけど、マジらしいです)。

逆に、さらに重いルアーを扱う場合、ベアリング入りのスイベルを使ったり、めっちゃ大きいスプリットリングとソリッドリングを使用しますが、ジグはどーでもいいとして、トップの釣りでは非常にシビアな問題です。ルアーの浮き姿勢、挙動、それらにもっとも影響を与えるヘッド部分の重量の変化は、フックの大きさで動きが云々といった考えと同様に扱われるべき内容でしょう(自分はやらないから経験談ではないですけど、マジらしいですその2)。


幸いなことに、堤防で使うような普遍的なルアーの場合そこまで重量に関してシビアになる必要はなく、強いて言えばミノーの使用時でしょうか。常識の範囲内のスナップの番手の差のせいでルアーの動きが変わったように感じたことはいままでありません(笑)


・値段(笑)
自分のお財布の中身と、根掛かりロストの多さを考えましょう。

値段が上がることによって強度も耐久力も上がっていくことは間違いないでしょう。少なくとも、耐力スナップあたりのリッチスナップは耐久力もある程度信頼できるかと思います。ただ、先ほども書いたようにスナップは劣化していくので、長く使ったものを過信するのはやめましょう。




さて、これらを総括したうえで言えることは、スナップもやはり人によってベストなものが変わってくる、ということですね。人それぞれ、フィールドやスタイルによって変わってくると思いますが、そのうえで考慮すべきことはいくらか書くことが出来たかな、と。

自分の釣り(だいたい20LB前後のラインを使用)なら、いまんとこEGワイドスナップがいいな~と思ってメインで使用しています。まあ、このスナップそこまで評判良くないらしいですが。

いくら減ったと言ってもボトム狙いで根掛かりは避けられず、スナップは消耗品であることから、高いのを大事に使うよりも状態の良いものを釣行ごとに使う方がいいかな~と結論に至ったわけです。ベストではないにしろ、ベターな選択なはずです。

今のところ、不意なオープンや、やり取り中の破断などは起きていません。

それがたとえスナップみたいな小物であっても、現状の自分に最善だと思われるものを選べるかどうか、それは趣味として楽しむことの一部となりえると思いますね。



あ、今回はPE1号あたりの話をしてるのでこれはめちゃめちゃ余談ですが、フリーループノットという、とてもとても便利なノットがあります。20LB前後だととても再結束できそうになかったです。40LBぐらい~を使用する場合、めちゃくちゃ便利なノット(結束強度=破断強度、重量を考える必要がない、慣れると速攻の再結束、ルアーの自由度はMAXだしイレギュラーもない)なのでお試しあれ。

image