みんな大好きジグロックの出番ですよ!


ちなみにこの釣行の数日前に県南に行ったけどまあもう何も言わないですいつになったら釣れてくれるんですか(笑)



また少し良さげな風が吹いたなと思って行ってみると、ポイントに着いたら大して風が吹いていない。ベイトもいない。

おそらくベイト追い回すほど高活性なやつはいないと割り切って、最初からボトムをネチネチ攻める。それなら風が影響しにくいもっと違うポイントを選べばよかったわけですが、ジグで攻めてみることに。


まずは、ちょっと試してみたかったジグロックの18g。いままで使ったことがなかったので、軽いことのメリットがあるのか調べてみたい。

ものすごくスローに攻める。チョンチョン、スーッ(フォールの音のつもり)、チョンチョン、スーッ(フォー(ry

ガツン!

あっ、エソです(笑)

2017-05-15-14-45-42

釣り上げた瞬間、謎の現象。


ジグがスナップから弾け飛ぶけど、フックはスナップについたまま。去年もあったな。エソの首振りのせいでスナップが開くことがあります。いまんとこ、この現象が起きたのはエソの時のみです。

あ、ちなみにこのときは耐力スナップの最大サイズ使ってなったし、去年はボンバダスナップ使ってなったので、このタイプのスナップだとあり得る現象と割り切るのが正解なようです。



次、18gで風の影響を考えるとイマイチ効率良くないと感じたので、もうちょっと距離稼いでさらにボトムキワキワに漂わせるように一気に40gまでサイズアップ。相変わらずジグロックです。

ショアスローだとか何だとか、あれはフォールの動きでアピールしてるっぽいけど、サーフのような海水面との距離がない状況ではたしてジグってどれだけ浮いてるんでしょうね。フルキャストした100m先と手前20mでアクションは100%違うし。


まあそんなこと自分で確かめる手立てもないのにネチネチ書いても仕方ないので、黙ってそれっぽいアクションつけて頑張ります^^

ま、ジグロックだけど。


さすがにMAX38gと書かれているMLクラスのシーバスロッドで40グラムをしゃくるときはグニグニとなりますが、ショアスロー的なシャクリのスピードだとティップは十分跳ねるのでアクションはできてるのでなかろうかと思います。

シーバスロッドでジグがしゃくれないと言うのを耳にしたりしなかったりしますが、あれってジャカ巻きの話ですよね。巷で流行りのグニグニショアスローならシーバスロッドでいいんちゃうのん?



さて、エソを数匹追加したところでようやくそれっぽいアタリがあります。アワセも決まりますが、なんだかチカラがない。スルスル寄ってくる。


2017-05-15-15-16-08


な、なんだ・・・・?

病気なのか、ただただ極度のガリガリなのか、産卵後なのか、どれに当てはまるのかは僕程度の釣り人からしたら皆目見当もつきませぬ。

この個体を食すほど食料に困窮してるわけでもないので(笑)、リリース。だって食べるところがほとんどないし。あまり大きな声で言えないけどこの時期のマゴチ、味が水っぽくて夏や秋ほど美味しくないし。



あ、みんな大好きジグロック。見ての通りの塗装です(笑)

最近100均ではグリキンが余りまくっているようで、思うに派手だからと買うことを遠慮している人もいるかもしれないっすね。しかし僕の周りではグリキンがno1カラーとして君臨しており、シルバーは無難、ブルピンは入手が困難だし別に良くねって感じです。

一応僕自身の中ではシルバーもグリーンも実績カラーです。足して2で割ったようなカラーがコットンキャンディー的な認識。違うか。


ルアーは「設計者にたいする敬意を持って」なんてドヤ顔で言っときながら「安いは正義」と言うぼくちん。一見支離滅裂ですね。まあ、なんていうか、だいたい僕の使用ルアー見て「ああ、そういうことが言いたいのね」と察してくれればいいかと思います(笑)



さて、釣行の話に戻して。って言っても、この後エソ数匹追加して、ジグ何個かロストして、おしまい。


フローティングのルアーはいつかだれかが拾ってくれますが、鉛のルアーはポコポコロストするのがなんかイヤらしいな・・・なんて思い始めたりしてますが、そこは釣り人、基本何に対しても悪で自己の欲求を満たしている趣味という大前提のもと、しかし傍若無人な振る舞いにならないよう気をつけたいですな。


絡めとる意図を持つならこーゆー形のアシストフックがよさそう。なるべく細軸、針先はいつもとがってるか確認。アシストフックは針先の確認がないがしろになりがちなのは僕だけですかね。あ、今回の釣行ではシングル使ってますが、ツインで損は何一つないと思います。

ジグロックはドブ漬けしようがなんだろうが、一か所剥がれるとそっから徐々にペリペリと剥がれていきます。一か所目が剥がれないための、ホント申し訳程度のドブ漬けになりますが、あるとないとでは多少違う。まあ、今回の釣行みたいにガッツリ剥がれてても釣れますけどね!w