特に、ネットや人伝いの情報の怖さを自覚していない層の人が最も脅威です。 

釣り場が死ぬ
http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-726.html
 
まいどおなじみ、ぼらおさんの記事です。是非、「三十にして立ち、四十にして惑わず」読者さんのコメントによる、深い意見にも目を通していただけたらな、と思います。



まあつまり、そーゆーことです。人伝いの数十倍の威力を持つのがネットです。

そーゆーことを考慮しない背景丸写しブツ持ち、動画配信などをして、良い効果があると言い切れるのであればオールオッケー、どんどん公表してください。しかし、私利私欲、人気取りのためにやってるのであれば、それによって気分を害する人がいるのも忘れないでください。

モザイクをいれるなり、それなりの考慮がある場合、無罪放免というわけではありませんが、「釣り場の大切さ」を理解した上での発信となるでしょう。

もちろん僕も無罪放免とはいかないでしょう。僕も、ちょうど一年位前までは場所がわかってしまうような書き方(いまもその場所を知ってる人にだったらわかるような書き方ですかね)だったのであまり人の事を言えない立場かもしれませんが、固有名詞を極力排すなどの配慮はしています。


自分を棚に上げての発言となりますが。さて、その努力がみられない人たちは、クズな釣り人が晒した釣り場に大挙してやってきた場合、何を思うのでしょうか?


昔から読んでくださっている読者さんはなんとなくわかるかもしれませんが、自分は配慮の度合いがだんだん増しています。というのも、ちょっとずつアクセス数が伸びてきたからです。てんで糞みたいな内容のこのブログですら、最近は1日に300~400人ほどの人が覗きに来ています。


もちろん発信する側は、程度はあるにしろ「自慢したい」などといったような気持ちも持っているでしょう。「自分は知名度低いわけだし釣り場公表しても問題ないっしょw」みたいな敗北主義者的発想を持っているのなら、自分のやっていることを見つめなおしてください。



釣り場問題は、「嫌なら見るな」では片づけられない問題なのです。自分も今一度それを自覚して、これから書いていこうと思います。



あ、これは提案ですが、そもそも釣り場が有料の場所はむしろ積極的に公表してみてはどうでしょうか。沖磯や一文字、釣り堀など。

他人が写るなどといった別の問題は発生するかもしれませんが、渡船屋さんは儲かるし、up主も私利私欲を満たせますし、そもそも磯割などで毎回その釣り場に容易に行けないなど、なかなかの良条件だと思いますが、どうでしょう?


と、いいますのも、僕も渡船屋さんに乗せてもらって行く釣り場で、ユーチューバーデビューしちゃろうかなと考えているわけですw

渡船の金も払わずにそこらの堤防やらを背景にさらして、他人に考慮せずに釣り場を殺しまくるのもムシが良すぎますよねw


はぁ、今回も特大ブーメランを投げている気がしますが、なんとか僕の言いたいことが少しでも読んでくださっている方に伝わり、「情報の大切さ」を理解していただけたらなーと思います。

自分の方針としては、超超メジャーポイントでもなるべく固有名詞を出さない、極力風景から特定されないような画像となるように努力する、などなど気にかけていこうと思います。場所さらしは発信する側として避けられない副作用です。なので、発信することの意味が小さくならないように、副作用があってもなお、意味があるブログにするために、キーボードをカタカタ叩いているつもりです。それでも内容が糞な理由は、釣りの実力も書き手の筆もシロウト、ということですかね(^3^)

ここら辺も当人の尺度によって変わってくるのが困ったところですね・・・。僕の配慮具合で「それで気を配ってるつもりなのwww」みたいに思われるかもしれませんし。



最後に、この僕のうだうだをうまくまとめているコメントを引用させていただきます。

現状維持・・・これは、実に興味深い観点ですね。 

たとえば、 

コモモがあるのに「新開発のよく釣れるリップレス(後略」 
裂波があるのに「新開発のよく(後略」 
レンジバイブがあるのに「新開発のよく(後略」 
IP26があるのに「新開発のよく(後略」 
エリア10があるのに「新開発のよく(後略」 

なんでその「新しいルアー」で釣らんといかんの? 
という疑問は誰でも感じることです・・・ 

そして自分はもうすこし深く踏みこんで 

その新しいルアーと「オリジナルルアー」の同質性を誰も指摘しないの? 
釣具業界には健全なcriticism(批評)が存在しないの? 

という考えをもつようになりしまたが、ご指摘のとおりそれは「現状維持」を何故大切にしないのか?ということに他なりませんね。 

釣り場に関してはいえば 

>身の回りのフィールドで何かあったのか 

今年は特にこれに関して「危機感」を持ったわけです。 
(何かが既に起こったワケではありません・・・ご心配おかけしますw) 

決して初心者ではなかろう人が初心者向けではない場所で、マナーもヘッタクレもない立ち振舞をする。 
ああ、これはこの場所が死ぬ一歩手前なんだな、と今年はよく考えさせらました。 
完全陸っぱりの人との距離感で悩むことが面倒なので、人が居ない場所へとシフトを進めているのに、その行った先で(当然釣りの敷居は高くなるので、存在する釣り人もそれ相応のレベルの人になる・・・はず) 

「自分がよければ他はどうでもいい」 
「あとは野となれ山となれ」 

的な行動をみると危機感が湧いてくるわけですw 

場所へのリスペクトもなければ人へのリスペクトもない。 

そういう人が取る次の行動は自己顕示欲の発散ですから、その場所がどういう運命を辿るかは用意に察せられることになります・・・ 

初心者の方はむしろ「いい釣り場を教えない」どころではなく、釣り場のレパートリーが少ないので「教えろ!」と叫びたいというのは百も承知ですが、もし、いい場所を知ったらそこを誰某かまわずシェアするのは早計ですぞ・・・と、今のうちに教えてあげたいのでこの記事を書いてみました^p^


(三十にして立ち、四十にして惑わず:「釣り場が死ぬ」コメント欄のぼらお氏のコメントより)


「リスペクト」、この言葉の重さを感じて頂けたらな、と思います。これが今以上にずさんになると、釣りはライセンス制にせざるを得ない状況になるでしょう。ま、自分はライセンス制同意派ですけど。