みさいる飛んできてたらこの投稿がさいごになるかもしれない


最後の投稿がくっさいネスラを使った題名の記事なんてイヤだな・・・、直すつもりはないですけどwww

のんびり釣りに行ってる僕が言うのもアレですが、のんびりしすぎじゃないですかねぇ。パニくって余計にややこしくなるよりいいのかな。自分は流れに身を任せていつも通り釣りに行きます。




 そろそろ釣れるはずという自信はだんだんなくなっていき、あっちはダメか、こっちはダメかと、ああ、まだ始まってない(もしくは逃した)のね、と日に日に情緒不安定に。釣りネットワークに関してはなかなかに厳しい条件の僕としてはいつものことなのでいいですけどね、あ、厳しいのはコミュ障の自分のせいです。

どうせ情報もクソもないんだから慣れ親しんだ場所で待とう、と思いサーフへ。サーフの先駆者いわく、「遠くの聖地より近くのホーム」らしいですしおすし。


朝一から絨毯爆撃したけど気配ない・・・(笑)

開幕待ちといいながらこれはちょっと予想が早すぎたのでは?


image




前回より増量、敗戦の貝拾い・・・w

前回より落ちてる数は少なかったが、サイズがいい。


と、なんとなく寄り道した釣り場で去年から何度かお会いしてる凄腕さんがいらっしゃったので、いろいろ教えてもらいます。どうやらまだ、ということらしい。えがったえがった、わいの予想もムダじゃなかったんやで。


そうやっていろいろ教えてもらった後に、なんとサンラインさんが登場。朝に別場所でシーバスを釣ってらっしゃるにも関わらず、ハタビを拾いに来たとな(笑)


僕はというと、帰るわけではなく、なんとなく、ほんとに気まぐれで、ノットを組みなおして再開しようと思い立つ。ハタビもルアーケース(笑)に入れて時間が経つのが不安だったのでサンラインさんに譲って再開。



先行者さんもみんな帰るようなので、自分があやしいと思った場所を数か所撃つだけ撃って、だめだったら帰ろうと。

ほら、イワシ入ってるならワンチャンが無きにしも非ずじゃん?


ということで、俺的これで釣りたいルアーランキング1位のハウルを投入。

シャローを通す。無反応。

変化してる場所を通す。無反応。

風でベイトが寄せられてるかもしれない!と思って通した場所も無反応。



最後に、カタクチが流れていった場所を通す。ここで撃って出なかったら帰ろwと思い、ちょっとしつこく粘ると、フォール中にモゾっとしたバイト。

そんなに大きくなさそうなのでエソかな?と思いましたが、あまり浮いてこないのでちょっと期待。


浮いてきたのは・・・


おお、久しぶり!


相変わらずもたついたタモ入れをかましましたが、無事キャッチ。

2017-04-23-10-55-04


ようやくハウルでやったったぜ。



サイズは

2017-04-23-10-57-22


タモ入れするか迷ったけど、1か所のみフッキングしてたのでタモ入れです。



これは開幕では?と思い、その後数投、リフト&フォールでボトムを探り、リフト中にひったくられるバイト。自分の経験上フォール中のバイトがほとんどだったのであれ?と思いましたが、今回は独特の首振り感が伝わってくるやり取りだったので、ニヤニヤしながら・・・


2017-04-23-11-28-46

2箇所フッキングしてるのがわかったので今回はそのまま抜きあげました。

サイズは一緒だけど、こっちの方が横幅がありますね。うぅ、スズキ系統だったり青物だったら「体高がありますね!」ヒラメだったら「厚みがありますね!」なのにマゴチはなんか締まりないな......w



2017-04-23-12-17-29


たーのしー!


まあ、この時はたまたま感が凄かったです。たまたま粘ってたら一瞬だけ反応する時間があって、みたいな、そんな感じ。そのあとは「もしかしてシャローにも入ってきた?」と勘違いして探るけど無反応でした。

断言できるのは、エソが釣れてないからまだ開幕じゃねぇなと。この指標で言うと開幕してる場所が結構な数あるらしいですが、まあ、指銜えて見ときます(笑)



はぁ~、明日明後日と爆風じゃなかったらこの流れつかめたかもしれないのにな~~~

風速10m/sの中、水中で砂が舞うどちゃ濁りの釣りをすすんでやろうとは思わないですw

場所によっちゃ好調かもしれませんが。



ハウル、ようやく釣ったので書きたいことをいろいろ書けるようになりましたw

特筆すべきは見た目からもわかるフックアップレシオの高さですかね。あと、ワームのくせにアクションにローリングが混じること。

後発のパクリとの差はわかりませんが、「迷いがちな初心者に対してジグヘッドとワームをワンセットで売る」というのは迷いが1つ吹っ切れていいですよね。あ、セッティングがマズイんじゃないのか、みたいな迷いも吹っ切れるから2つか。

フラット狙いにおける最大の阻害、「これでいいのか」という迷いを極限に廃したワームということで、やはりNO1なんでしょう。周りの人は釣れている、という説得力もほかのワームと比べて抜きんでているので、名実ともにNO1のワームです。

他の組み合わせでも信頼できている人、脆さが気になる人、値段が気になる人(笑)、まあどれも僕の事なんですが、それらを考えている人からしたら別段愛用する必要のないワームかと思います。

レンジキープ力とか、流れの感度とか、そういうのは・・・またいつか、もっと魚を釣ってから(笑)