フローティングベストの話です。自分も正しい着用が出来ているのか曖昧なところがあったので、非常にためになりましたって記事のリンクを貼っておきます。 

永久保存版 フローティングベストの正しい着用法
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign/6ej2whu94gzhek 


パズデザインのfimoブログです。いやあ、企業が発信していく情報ってのはこういうのがいいですよね。自分のところのルアーはすごいんだぜ!こんな人が作ったんだぜ!だから買ってくれな!みたいなのばかりではなく、自社製品の使い方を商品ページ以上に詳しく解説できるのはブログならではじゃないですか。



フローティングベストを買った。よろしいことです。何べんもくどくど言いますが、こんな若者に上から目線で言われるのはシャクかもしれませんが、テトラとか足場高いところとか潮が速いところとか、流される危険があるところなど、落水の危険がある場所ではフローティングベストは着た方がいいでしょう。


でも、よくよく考えてみると買って釣り場で何も考えず着るだけで安全対策が万全なわけじゃないですね(笑)


うーん、例で言うと。思いつきにくいですね......。あ、例えば、お子さんの防犯対策とか。防犯ブザーを持ちましょう!と呼びかけして、防犯ブザーを学校で配りましたと。しかし防犯ブザーをランドセルの手の届きにくいところにぶら下げていても咄嗟に使用することはできないです。多少不便でも、なんてことない下校時にちょっと鳴っちゃっても、咄嗟に使用できるところにぶら下げておく必要があるでしょう。これと一緒じゃないですか?フローティングベストを正しく着用するのって。 いつも通り例えが悪い?すいません...(笑)
もしかしたら僕の知らないうちに防犯ブザーが進化してるのかもしれない......。というか、もっと便利なものになってるかもしれないですね(笑)

落水時、いざ救命胴衣としての役割を果たそうと思ったら体からすっぽ抜けたり、浮いてるうちにしばらくしたら体から抜けていったり。ちゃんと落水時を考えて普段から着用していないと、意味がないわけです。
 

パズデザイン、堅実なイメージ(←僕の勝手な想像)そのままに、しっかりとユーザーに着用方法まで紹介するとは。そういう類のメーカーの中だったらずば抜けて信頼してます。

正直に言っちゃうと自分は股ヒモ通してないこともたまにはありますが、腰ベルトあるし、リンク先の記事読んだところ一応股ヒモ通してなくても落水時に体からすっぽ抜けることはないっぽいですね。まあ股ヒモを通してさらに安全対策するに越したことはないので、危険だと思う場所ではこれからも股ヒモします。あ、自分はコンプIV使ってます。


image




そういえば、こんなお高いやつじゃなくて、オレンジ色の浮力体と落水時の対策だけを備えたような救命胴衣を釣具屋でタダで貸し出したら少しは初心者の安全意識高まるんじゃないの?とか思うんですが、どうなんでしょ?会員登録のカード有効活用したらいいじゃんとか思います。まあ汚れたらどうのこうのとかいろいろあるから無理な話か......。でも安全対策を釣り人に一番呼びかけれるのは釣具屋だと思うんすよね......。

そもそも着ない人は何が何でも着ないか(笑)



素人YouTuberが釣りしている動画とか見て、せめて人前に姿晒すんなら安全対策からしろよと思うんですが。だって釣りを知ってもらいたいんですよね?釣りって危険なものですよね?また、違う面から見ると例えサーフとかであれ、人前に出るなら他人から文句言われる箇所を一つでもつぶしていくのがネットでの安全対策だと思うんですが(笑)

それともあれですか、炎上商法ってやつですか?

もしくは僕のようなオツムの弱い人には思いつかないような完璧な理論武装が出来ていて、僕みたいなのが噛みついてもスムーズに解決できる術を知っているのかもしれないな......。気になるw
海での安全対策できない人はネットでの安全対策もできていない、みたいなオチではないことを切に願っております(笑)