あくまで、2016年の秋に釣りをして感じたことを書きます。 

そして、遠浅サーフというくくりを大事にして見てほしいです。 


image




こんな浅いところに魚いるんかいな?

そう思うアングラーさんは多いと思います。一見変化のないサーフが続くだけですから、釣れる気がしない、ってのもあると思います。自分もそうでしたね(笑)

しかし、何匹か釣ったことでその認識が大きく変わりました。ちょっと紹介してみようと思います。




まず、サーフといえば思いつくルアー、みなさんどんなルアーですか?


・ネッサシリーズ
・ビーチウォーカーシリーズ



といった、堀田光哉氏プロデュースルアーを思い浮かべる人が多いでしょう。
 

遠浅であっても、もしかしたらそれらで釣れるのかもしれない......。ですが、僕はほとんど使用していません。

理由は単純、底を擦ります(笑)

ヘビーウェイトのルアーは遠投がきくし、その遠投した先ではしっかり泳いでくれますが、手前で底を引きずってくる形になるので釣果に影響を及ぼします。 


ここがミソであり、手前をしっかり泳いでくれるルアーが重要です。

水深が1mやそこら、膝くらいの水深のところでも魚はいます。というか、そういった場所の方が活性の高い魚がいるのかもしれません。それを考えると、ルアーを買う時に重量を見て「重いから」という理由でサーフ用のルアーを買うべきではないでしょう。遠投が効く以外にメリットはありません。たとえ風が吹いて荒れていようが、魚は案外手前にいます。手前から水深が1mほどあるのであれば、飛距離は「あればいいがなくても困らない」程度に考えておきましょう。


遠浅サーフ、一見めちゃくちゃ浅い砂浜が傾斜で深くなっていってるように見えますが、実は地形の変化がしっかりあります。潮流の変化も考えるとわかりやすいかもしれません。あとは、波の立つ場所とか。

自分が良くいく場所のおおよその変化の場所を把握すると釣果が飛躍的に伸びるはずです。


と、それっぽく書きましたが、僕は2016年のサーフでの釣果はマゴチばかりでヒラメに関してはソゲサイズしか釣れてません.....(笑)

が、アプローチの仕方が見当違いというわけではないでしょう。次回のハイシーズンからはなぜ水深によってサイズに違いが生まれてくるのか、とかそういうことを煮詰めていきたいですね。



ということで、ルアーを紹介していきましょう。

先ほども言ったように、自分は最近の主流であるヘビーウェイトのシンキングミノーはほとんど使用していません。徳島で言えば県南のゴロタサーフ、あとは高知県の有名サーフなどではヘビーウェイトのシンキングミノーが活躍すると考えられます。

自分が使うのは

  • リップ付きFミノー
  • ジグヘッド+ワーム
  • トップ
  • メタルジグ

以上です。他にもブレード系やバイブ系のルアーを使用することもありますが、それらはもう少し深い場所に有効なのかな.....と。あとはナブラ打ちにも有効かもしれませんね。今シーズンサーフに通いましたがあいにく青物のナブラっぽいモノには出会えませんでした(笑)

いろいろ持っていきたくなりますが、ルアーボックス2つをバックに入れていくなり、フローティングベストに入れていくなり、そんな量で事足ります。



ミノー


何をもっていけばいいかわからないルアー筆頭ですね(笑)
このルアーを使え!というのはメーカーの人間でもない自分が言うのはなんだかな、と思うので選ぶ基準、自分が使用してるルアーを紹介したいと思います。

釣れた魚はシーバス、ヒラメ、マゴチ、はてはキビレまで......(笑)
遠浅サーフで一番いろいろ釣れるルアーではないでしょうか。

image
上からレスポンダー149F、レスポンダー109F、K2F122MS、ハウンドキマイラ、ハウンドオルカ


必要なことは「違和感なく、だがなるべく目立つ」だと感じます。

リップ付きとリップレスのミノーの大きな違いに関しては、FCLLABOというメーカーのサイトにて説明されています。たぶん津留崎さん本人が書いてらっしゃるであろう文章です。
http://www.fcllabo.net/free_9_28.html



自分は、低速でも派手にしっかり泳ぐ、水噛みが良いから変化を感じ取りやすいという理由からリップ付きを主に使用しています。ヒラメやコチを狙うからボトムスレスレをトレースしなければいけない、というわけではなく、フラットは中層付近の小魚を捕食しに食いあがってくることもあるので、フローティングミノーでしっかりアピールしてやると反応してきます。

2016-11-11-08-03-17



ミノーを選ぶ基準として、これらを重視するといいと思います。

・レンジ
ほとんど潜らないもの、~50cmほどのもの、~80cmほどのもの。これらがあれば十分かと思います。その日の潮位、駆け上がり付近でしっかりアピールできる深さまで潜るか、手前の浅いところを重点的に攻めるか、遠投した先の地形の変化を攻めるか。そういった点を考えるといいでしょう。

・フックサイズ
サーフは根ズレを考慮する必要はほとんどないわけですが、堤防と違って以下の事を考えなければなりません。サーフで波がきつい場合、フックの刺さり方によってはランディング時に引き波によって伸ばされてしまうことがあります。丁寧なやりとりをするに越したことはないですが、それらを考慮した場合、多少無理の効くフックの方がいいであろうと思われます。ただ、遠浅サーフなのでそもそも大きな波が来るコンディションが少ないため、そこまで用心する必要はないかもしれません。#5ほどを背負っていれば安心でしょう。

・カラー
これに関してはお好みで、と言えば無責任になりますが(笑)
マヅメ時はアカキンが強いように感じます。オールマイティーなのはキャンディー系、夜はレッドヘッド、デイはナチュラル系でしょうか。自分はマヅメ時に釣れることが多いアカキンを多用します。

2016-11-13-06-31-56
12cmのハウンドオルカに食ってきたカワイイサイズのソゲ。こんな小さなソゲでさえ12cmのミノーに果敢にアタックしてきます。

・サイズ
自分の使用する中で最も大きいのはレスポンダー149Fです。これは27gもありながら泳ぐレンジも浅く、なおかつハイレスポンスに泳ぎます。それらの動きと飛距離を両立しており、非常に優秀なルアーです。15cmクラスのミノー、大きすぎるように感じますがシルエットのデカさでアピールし、なおかつ違和感がないルアーなのかもしれません。サーフでは小型のエソがベイトになる場合があり、もしかしたらそれを意識している捕食者に対して優秀なのかも(笑)

image

12cmクラスのミノーを基本としながら、それより大きいものを数種類、小さいものを数種類、といった要領で集めるといいでしょう。ボックス1つに入れれるような量で十分対応できます。思うに、ベイトが見えるほどに多くない場合、捕食者はあまりサイズを意識していないと思います。小さいカタクチが溜まったりした場合、ミノーだけでは悔しい思いするかもしれません。後ほどそのことは話します。


・飛距離
あればいいがなくても困るものではない......。というのも、飛ぶのなら前方向に広範囲を探ることが出来ますが、飛ばないのなら手返しよく横方向に広く探れるわけです。せっかくのサーフ、混んでいる堤防と違って広い分足で稼ぐことができるのだから手返しよくどんどん怪しいポイントをつぶしていきましょう。
小さいルアーでもシマノのAR-C機構をもったルアーは非常に飛びます。タックルハウスやアイマの重心移動システムも優秀ですね。DUELの重心移動もよいものかと思います。ただ、着水してからの泳ぎ出しを重視した場合、アイマのハウンドは他社に比べて水面を滑ってくることが多かったです。





ワーム


ハウルが有名ですが、自分はAXヘッド+ダックフィンシャッド3.5インチを使用しています。

または、潮位が低い場合、あまりにも底を引きずってくるとフックの先端の摩耗が激しいため、スリーパーマッチョというジグヘッドを使っています。

僕が釣れた魚はマゴチオンリー。

image


ボトム付近のベイトといえば、まずキスが思い浮かぶでしょう。その他にハゼ類、シタビラメ。あと重要なものに甲殻類があります。マゴチの胃の中から甲殻類が出てきたことがある人も多いのではないでしょうか。そういったものを意識したルアーがワーム。ボトムから数回ただ巻きまたは数回しゃくる、その後またボトムにおとす。落とす途中、また巻き始めにバイトしてくることが多いです。遠浅なのでボトムに落とすどころか、引きづってくることもあると思いますがそれでも釣れます。

ミノーで反応しないドピーカンのデイゲームで、もう帰ろうかなとなる時間帯でもワームだと食ってくることがあります。また、ド干潮べた凪でもワームだと反応することも何度かありました。マゴチだけですけどね。

使うジグヘッドですが、自分は14gにしています。14gのジグヘッドとワーム、合わせて約20gです。よくワームの重量がないがしろにされますが、ワームにも重さはあるわけです(笑)

干潮時、手前で反応がない場合は21gのジグヘッドを使ったりもしますが、基本は14gです。

飛距離はそこまで必要なく、手元で食ってくることもあります。何度も言うように、飛距離にナーバスになる必要はありません。飛ばないと世間で言われているルアーを使う必要はないですけどね(笑)




トップ


サーフでトップ?青物?と思われるかもしれませんが、シーバスに特化したものになります。僕的にはヒラメが来てもいいと思うんですけどね。来年に期待。

これが威力を発揮するのは、遠浅サーフでシーバスがボイルしているときです。それも、小指ほどのカタクチイワシを偏食しているとき。ミノー、ジグ、その他etc......。何を投げても反応ない時に、このルアー。 これに関しては他に似たようなルアーが思いつかないため、1つのルアーを紹介させてもらいます。


マニック115


2016-11-17-07-02-50
 
2016-11-18-07-00-50

 
大事なのはそのベイトライクな細さかと考えます。

トップで引き波たててのただ巻き、ドックウォーク、水面が炸裂します。とても快感です(笑)

ただ、僕が食わせるのが下手なのか、シーバスが食ってくれないのか、バイトの数に対するフッキング率が非常に低いです。対策として、小さいマニック純正のフックを#5ほどに替えています。アクションに変化はあるかもしれませんが、ドッグウォークをこなしてくれるためこれでいいかなと。115はマッチザベイトとはいきませんが、マニック95などに比べフックに関するトラブルが低く、そして115でもシーバスは反応してくれます。 

来年からはロッドをよりライトスペックなものに変更し、食い込みの良さを追求してみようかと画策中です。



メタルジグ


なにも反応しないとき、やけくそで投げるルアー(笑)
これに関しては浮き上がりの良い重めのシンペンもいいかもしれません。アダージョヘビーやぶっ飛び君、シースパローなど。他にもありますが、コスパに優れたのはアダージョヘビーでしょうね。

メタルジグはボトム着底後、数回しゃくってまたボトムに落とす。巷で流行りのショアスロー的な用途です。

自分は遠浅サーフではあまりしませんが、有効なメソッドなのかな。

流行りのフリッパーや、定番のギャロップ、カタクチとマッチザベイトのムーチョルチア、なんでもいいかと思います。








長々と紹介しましたが、ミノーを一通り試して反応なかったらワーム、水面が騒がしかったらトップ、諦めムード&飛距離が必要なときジグ、こうやって組み立ててます。

来年からはロリベやバイブ類、あとはスピナー系も試したいです。


使うロッドですが、読んでいてわかるかと思いますがシーバス用のMLで適正だと思います。ラテオ100MLあたりが良さそうですねえ。自分はセブンセンスSR972を使用しています。

リールに関してはそこまでこだわる必要ないかもしれません、水圧の変化ガーとか、感度云々そういったものを考え始めると際限なくなっちゃいます。

道具でカバーするのも必要ですが、目で見て、ちょっと払い出してるような場所がねらい目だとか、最初は疑心暗鬼ながらもひたすら打つのがいいかなと。