人生の釣行で一番経験値が溜まった釣行です。 



(あ、人生の釣行つっても僕の釣り経験自体がまだまだ浅いので大したことがないかもしれません^^) 



9/27、中潮


なんとしても、


・この9月でなにかいいもん釣りたい 

・高知の憂さ晴らししたい

・めったに一緒に釣りに行けないアイガ君とゾエ君との釣りでみんないい思いしたい



などなどのいろいろな思惑から沼島に。いつも徳島で一緒に釣りしてるA君も参戦の4人体制。




ロッドはショアスパルタン106MH、リールはバイオSW4000XG、PE2号にナイロンリーダー40LB。

2016-09-27-12-04-02
(たしかこの画像はけっこう最後の方に撮ったもの)




朝一そうそう、ジグしゃくってるとヒット。ショアスパルタン、よく曲がる。ドラグは出ない、けっこう重い、でもスルスル寄ってくる。

そう、


image



ショアスパルタン入魂(笑)


ここのエソ、やたら太い。走りはしないが結構楽しい。





釣りを開始してから少ししてナブラ発生。


いままで見たナブラは何だったんだ......。って迫力のあるナブラです。 
A君、4分ほどの格闘の末、メジロゲット。



表層をジグで早引きしていると僕にもヒット。ハマチサイズですね、ロッドパワーをぶっちぎるようなファーストランがありません。


結構手前。すぐにシルエット見えます。55cmくらいのハマチ?

ドラグが出ずにロッドのパワーが余裕で勝っています。(肝心なのは、勝っていてもロッド自体はかなり曲がっているという点)


そのままいなして、よせて、 ぶっこぬき。ロッドがどんくらい頑張れるかを試すため、怖いですがハマチサイズならぶっこ抜こうと決めてました。


うっしゃー、ハマチィ~


ポロッ



堤防の高さ以上にまで魚は上がっていたにもかかわらず、重力に負け一度速度0になったのち海に再びおちていきました。

まあ、このサイズなら無理したランディングにもロッドが耐えてくれるとわかったので良しとしよう......。

その後は.......。



反応なし。60gのジグをしゃくるのは心に来ますね。ロッドが軽いおかげか、もう無理~!とはならないけど精神的にきつい。 



下げ潮が終わり、潮どまり。



上げ始め、再び海に活気が戻ってきました。


え?ナニアレ?って規模のナブラが起きます。


150mぐらい先でそこそこのナブラがおきたので、はぐれがいるだろうとナブラから潮目続きの場所にジグフルキャスト。


中層まで沈めてジャカジャカジャカ......。


ヒット。さっき以上に引かない。エソ?とはならないけど、ツバスサイズ?




今度はタモ入れ手伝ってもらいました^^

いや~、ぶっこ抜きのトラウマよぎったわけじゃないし?もうロッドの強さわかったから丁寧にランディングしただけだし......(震え声)



2016-09-27-10-10-39

 

ツバスだかハマチだかよくわからんサイズ。 


ヒットしたジグはムーチョルチアの60g。ムーチョルチアは~45gまでは小さなシルエットでいい感じですが、60gは結構でっぷりとしており、しゃくりも結構抵抗あるように感じます。


2016-09-27-10-19-49

 



さて、即血抜きのちすぐにもう一度......。





その後釣れませんでした 


いや、その後もナブラは出てるし、魚の活性は高いはずなんです。でも、エソのみ。計何匹釣っただろう(笑)




うーん、明らかに実力不足。こういった魚がいるのに食わせられないといった状況にほとんどでくわしたことがないため、 何も判断せずに(できずに)ジグだけ投げていました。



最後の方で、「これもしかしてジグのサイズが大きいのでは?」と足りないオツムで考えた結果......。


2016-09-27-12-48-41
 


ハイ、お疲れさまでした~。






2016-09-27-14-04-00
 


疲れた。負けた。





以下、反省、今後のためのメモ。



・もしかして、ジグだけでは満足できない......?

いままでたくさん美味しい思いしてきました、メタルジグ。で、自分そのせいでメタルジグ一辺倒になりつつあります。 メタルジグのメリットは、その圧倒的な飛距離、マニュアル操作によるアピール、レンジを自由に探れるなどなどいろいろあると思います。
今回の釣行ではどうやら、あまり飛距離いらないようです。バカみたいに飛ばすよりも、手前までしっかりアピールするべきなんですね。足元を青物が回遊してくるところなら、飛距離を除けばメタルジグより優秀なルアーがあるじゃないですか。


・ミノーに手を出すときじゃないでしょうか

僕たちは今回沼島といっても堤防に渡してもらって、それでも青物はかなりの規模で回遊してきました。
あまりこういうこと書くべきでないかもなんですけど、その日渡船利用はもう一組いらっしゃいまして、その方たちが磯に渡りメジロを耳が疑う本数上げてらっしゃいました。
なにで釣ったかというと、主にミノーと。しかも、魚のサイズを絞る(←次元違いすぎる......)ため、あえて大きめを使っていたと。

ベイトサイズ?ジグのアクション?飛距離?


......一度、ルアーについて見直す必要がありそうです。


・自惚れ捨ててください

正直、その場所に魚がいるのなら釣る自信がありました。その釣り場で自分だけが悔しい思いすることは最近少なかったからです。完全に「井の中の蛙」ですね、はい。 数少ない経験(人づてに話を聞くと僕はなかなか運がないらしく、僕が行かない日に限って高活性なときが多い)を元に自分の釣りのスタイルを固定しかけていたため、非常に危なかったと気づきました。「俺たちで行って誰も釣れないんだからダメだろう」なんてこと言ってたの、お恥ずかしい。とりあえず今回は見直すきっかけとなるいい釣行となりました。




とかとか~、意識高いこと書いて少ししょぼくれたフリしとけばガッカリな釣果による恥ずかしさを紛らわすことが出来るでしょ~wwwwww



このほかにも書こうと思ってたことある気がしますがもう忘れた(笑)