観光と格ゲーオフの予定が気づいたら釣りオフだったんだぜ......?



mig




 








金沢に住む友人(ここではSHIKI君としましょうか)が釣りを始めてくれてまして、タックルも7割方揃い、あとは釣るだけだなと。




過去数度道具を貸し出して一緒に釣行しましたがもはやアタリすらない釣行ばかりで、無理やりと言っていい形で釣りに連れてきていたP君の心はとても苦しかったのです。


今回の金沢遠征でノーキャッチなんてことになると、せっかくロッドやリールまでそろえてもらったのに魚釣りの楽しみを伝えることが出来ない自分のふがいなさゆえに、

「釣りは道具が高いだけのツマラヌモノ」

と認識されかねない。

釣り人としての最大の課題、「初心者に楽しんでもらう」をそろそろ達成しなくてはならない。そんなプレッシャーの中、この春夏と釣りに行きまくっていたP君の実力が2日間で試されます。

なお、今回の釣行はSHIKI君もブログに書いていますので、ぜひぜひのぞきに行ってみてください(普段からこのブログのどこかにリンク貼らせてもらってるんですけどネ)

池田志希の趣味雑記




9/14、大潮



まあ、でも~


知らない土地で実力とか出しようがないし~wwwww




と甘えることが出来ないように、以前いったことのある場所に夜明けとともにイン。

以前とは言いましても、寒い時期のなーんもいない海だった(ルアーマンはやたらいた)ので、実際どんな場所なのかわかりません。


わかるのは、河口で流れが絡むので捕食者が付きやすい場所かなと。
それくらい。


ほんとにギリギリで夜が明けるとともに開始。




あれれ?以前と違って堤防に波が上がってきますね?

コケがぬめる。
↑これだけの情報で地元の人ならわかるほどのメジャーポイントだと思います。



こんど行くかもしれない磯用のフェルトスパイクを、ならしも兼ねて試履き。

おお、マジで滑らんぞ。すごい。スニーカーでこけそうになる場所をものともなく動けます。


 
そんなこんなで用意がもたついている間に準備完了してたSHIKI君にヒット。
あ、このブログは極力同行者の情報をかかないスタンスになりつつあるんですが、今回は書きます。


そんなにサイズは大きくなさそう。しかし、初ヒット。
そして初のお魚はサゴシでした。(写真は彼のブログ参照)



僕より先にサゴシ釣っちゃったんですよ、彼。



川の払い出しと潮のぶつかるヨレが一番だと思い、それとなくそこに投げてもらってたんですが予想ドンピシャ、海にお魚がいることを証明できました。今日はずっとそこを攻めてもらう。


自分はフェルトスパイクの性能がいかんなく発揮される場所でスタート。コケと波かぶりであまりこの堤防に立っている時間はなさそうです。



ムーチョからスタート。数投して中層から表層に巻いているとバイト。合わせた瞬間切れました。
サゴシがいるのが分かってるから、サゴシカッターと確信。

先日少なくなったムーチョはさらに減りました^^
 

そして数投するとやはり中層に差し掛かったあたりでバイト。


ヒットシーンから釣り上げるまでの一連の流れを友人に見守られながら、無事ゲットしました。

背後からの視線ってバラシたりしたときを考えたらプレッシャー半端ないです(笑)



image

 

まあ、サイズはこんなもんです......。

でも、初サゴシですよ!ひきはエソと全く変わらないですね、はい。(予防線)






したり顔の僕は「魚が付いている場所わかっちゃいましたよ~」とか言いながらキャスト。

ヒット。


僕にしては順調.......。



image


 順調ですねえ!
だってエソとこのサイズのサゴシのひきの違いなんてわからんもん.......。




この後もう一匹エソを稼いで、いよいよ堤防が頻繁に波をかぶるようになってきたので退散。

退散するまでにSHIKI君の方には結構魚の反応あったみたいですけど、結果は彼のブログのように、サゴシ1にエソ1。自分の道具で魚を釣ることができて、こちらとしても大満足。

ゴロタサーフで1時間ほど粘りましたがノーヒット。あと2週間もすればこっちでも釣れると思います(適当)

一日目の釣行終了。
 

image


チャンカレたべよっ


 



9/15、大潮

前日に、金沢の街からほど近い釣り場でそこそこのサゴシが釣れたとの情報をキャッチ。ネット掲示板ほんまありがとうな......。




徳島だとそんなことが書き込まれようもんなら、場所取りに必死にならなくてはならないイメージなので、てっきり堤防にルアーマン多いんだろうな.......。と思い足を運ぶと、



半端ない数のサビキ爺


エギンガーを含まなかったらルアーマンほとんどいなかったんじゃないかな。



ああ、ルアーマン少ない......。ネットのデマに踊らされる底辺ブロガーがおるらしい。

いやいや、金沢の良心的なアングラーを信じてやってきたんだ。今日はここの場のパワーに期待するしかない。


外向きは通勤前のおじさま、年金おじいさまであふれていたので、内湾でぼーっとする。どうせ7時ごろまで潮の動きないし、釣れないでしょ。

タイドグラフを友人たちと確認しながら、したり顔で「釣れるならこの時間あたりから」なんて言いながら外が空くのを待つ。小生のガバ計算によると、夜明け前から粘っていたサビキ爺は釣れないとわかると潮に関係なくすぐに帰る。4人で海に行って、SHIKI君と僕が釣りしてました。このブログにリンク貼らせてもらってるきゅうを君(きゅうをマンの倉庫と、もう一方は記事にするネタがあるのにブログやらない友人。ぷよぷよ攻略ブログはよ


そこそこの時間がたち、夜明けからねばっていたおじさまたちが帰っていく。
あ、やっぱりこの時間まであかんかったらあかんの?と、自分で推察していたくせに不安になる。


潮が動き出すタイミングに間に合い、外向きに場所をとることが出来ました。

一番信頼を寄せてるギャロップアシストレインボー30g投入。
今日も中層あたりを探る。

しゃくっている途中にフッとテンションが抜ける。



サゴシカッター(# ゚Д゚)。ギャロップ早速殉職。


まあサイズはどうであれ、サゴシなりタチウオなりが回遊してるとわかったので急いで短くなったリーダー組みなおして再開。

ジグは再びギャロップアシストレインボー30g。2個ストックしといてよかった。

ほどなくして、表層にさしかかったあたりでバイト。


昨日よりはやけに元気でした。それもそのはず、サイズアップ。

image


ほんまありがとうな、ネット掲示板。



そのあとはチェイスしてくるサゴシを食わせきれなかったり、アタリはあるも乗らなかったりで結局この1匹のみでした。


SHIKI君はというと、おそらくサゴシであろう魚とやりとりしていましたが惜しくもフックアウト、しばらくしてからの再びのヒットは大きなひきでしたが、BORAだったりでこの日は昨日のような満足いく釣果ではなかったようです。

自分からすると釣れていようがいまいが、ちゃんとキャストできて、おおよそどのレンジを通せているかをわかっているSHIKI君の成長ぶりに感心。FGノットが組める初心者はそうそういません。

上から目線で申し訳ないですが、結果は時間と回数で簡単に出るでしょう。だからタモ買わなきゃね。



この日は、かろうじて経験者のメンツを保つ結果で終了。あ、周りの話するのも何ですが、見た感じ堤防全体はかなり貧果だったようです。



初サゴシなのでうれしかったですが、普段このブログを覗いてくださっているガチショアジギアングラーの皆さんからしたら鼻で笑うような結果でしょう......。

けれども僕自身は友達も釣ることができ(雑誌なんかの売り文句を借りると、今回の彼は釣れたではなく釣った)大満足の2日間、金沢遠征となりました。


いちおう金沢観光っぽいこともしてきましたが、そんな写真いらんだろ。


image


チャンカレたべよっ
 





今回の金沢遠征に関しては少し釣行内容を薄く書いてみました、だって知らない場所だもん、ドヤ顔で解説できないです......。え?ドヤ顔解説あった?(すっとぼけ)