3万円前後でのロックショアロッド選び。


PCの前で錯乱状態です。


後記:この記事でうだうだ悩んでますが、結局ショアスパルタン106MH買いました。


ショアスパルタンを使った釣行






マジで大混乱。ほとんどネットの情報だし、まだまだ自分の分からないジャンルだし。


main25
(ネットでの拾い物です)



前に、磯に立つのにちょびっとがちなロッドが云々と言いましたが、なかなかいいものが見つからない。

今自分が求めているものは、




・予算3万円前後

・バイオSW4000(or5000スプール)XGでしばらくしのぐことが出来る(つまり過度なさきおもりがない)
まあこれはノチノチ大型リールを買うまでのしのぎですからあまり重要ではないけど

・70g程のジグが快適に投げれる、伴って一般的な50g前後のプラグも投げることが出来る

・ジグのしゃくりに疲れた時、メタルバイブで休憩できる→要するに30g前後も投げれる

・できれば20g~のミノーも投げたい。

・だいたい10ft前後(いままで長尺のロッド使ってないから11ftとかは自信ない)

・おそらく磯での平均的サイズである青物50~60cm程はぶっこぬくことが出来る 





まあ、一回も本格的な磯に行ったことがないし、これからも年に数度しか機会がないだろうに何を求めているのかと言われれば、確かにいろいろ求めすぎな感は否めませんね。



まず、予算。

3万円前後のロッド、少ない。簡単に検索して出てきたものが、


・ショアガンエボルブ
http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/shoregun-evolv/special/



(動画ではXXHを使ってらっしゃいますが自分が買うとしたらXHモデルかな)

前モデルは2万円前後で高評価だったようですが、今回のショアジギングモデルは少々値上がりしたのかな?あと、専用モデルとわけてるあたり、マルチに使いたい自分に合わない気がする。もちろんなんら問題なく使えるんだろうけど、メーカーが訴えてることと自分が求めていることが違う時点でイマイチ使う気にならないんです。自分で言ってても理由が意味わからんけど、とりあえず却下。


・風神ブラックライン 99H
http://www.apiajapan.com/product/rod/foojin-black-line/

逆に、こいつはいろいろブログを見たりした感じ、ヒラスズキにも、青物にもどうぞって感じです。店頭で触った感じも自分のニーズにぴったり。ジグウェイト100gまでいけると謳っていますが、ロッド重量255gでっていうのが疑問。別にロッド重量の軽さを売りにしているメーカーでもなさそうだし。現実的に投げれるのは70g前後ということなら納得ですが。あと、前回記事で触れたロッドデザイナーさんが14年モデルに関わっているとはいえ、やはりAPIAはいまいちスッと受け入れれないんだよな(笑)


・アーリープラス98H
http://yamaga-blanks.com/product/seabass/earlyplus/




これは動画を見た感じ、MAX60gながらも、60gのジグをフルキャスト、かつビシバシとしゃくっていた。ロッドが負けている感じは動画で見る感じはなさそうだった。あれだったら普段TYPE XXで30gしゃくっているのより快適そう。 しかし、60gまでってのも幾分中途半端な感がとがめない。ライトショアジギングロッドと変わらんし。


ダイワ、シマノはこの価格帯出してないんですよね。夏にこんなものが出るようですが。(少し3万円前後とはいいがたい感じですが)

・ショアスパルタンコースタル
http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/shorespartan_coastal/index.html





えー、自分の選び方がかなりわがままなのは承知しております。上に書いた中だと、アーリープラスがイメージ的に一番なんですけど、まだ触れていないんですよね。だからあまりあーだこーだ言えませんね。



あと、ロッド重量に関して。だいたい70g前後のジグを投げて快適に釣りをしようとなると、300g前後のロッド重量になるようです。

折れやすいとか、カーボンが薄いとか言われているメーカー(蜂だったか虻だったか忘れましたが)などに関しては250gを切るものもあるようですが、そういうロッドって、たとえ可能だと言われていても自分の求めているぶっこ抜きに不安が付きまとうんですよね。
そういう精神的不安って釣果を左右するものだと思っとります。

あ、だから自分は、巷では重いだのだるいだの言われているAR-C TYPE XXを使い倒しているんです。エソのぶっこぬきを普段躊躇なく行っていますが、そこらの釣りで最適な一般的なシーバスロッドだとどうでもいいエソのせいでロッドの寿命を縮めそうな気がするんですよね......。
 


で、この考えを磯での釣りに反映すると、安心感のあるロッド重量が300g付近。しかし、予算を上げれば軽いが信頼の持てるモノが出てくる。そりゃそうですね。

例えば、ハイエンドクラスですがBOUZのShore11なんてロッド自重が250gを大きく下回るにも関わらず、非常に安心感のあるロッドのようです。You tubeにある実釣動画でもヒラマサ相手にきれいなベンドで魚に抵抗を与えてやり取りして、最後にランディングまで持ち込んでいます。まあ、テスターさんの腕が半端ないのもあるでしょうが......。



そうそう、腕に関してですが、自分が初心者だということも忘れてはいけない。ある程度強さに余裕を持たないといけないにもかかわらず、体力のないモヤシでもしゃくり続けることが出来るロッド。つまりパリパリではなく、適度に曲がるロッド。





あ~、書いておいてなんですが、超エゴイスティックですね。金がないくせに求めるものがやたらと高スペック。



考えの結果、

ふんばって予算を4万円にあげます。(パスタ生活の始まり)

あと、こういうロッドは買ったはいいものの、ほとんど行くことが出来ずにきれいなまんま売払ってしまったものがあるようなので、中古も視野に入れます。中規模メーカーの免責なんて、なんつう値段しているんだってものも多いですし。

自分のAR-Cは短期間ながらも尋常でない(自分でもそう思います)使い込みとなっているので、なんとなく使い込んで現れる症状がわかります。たぶん(笑)




ということで、もう一度おさらい。




・予算はだいたい4万円まで

・この際ロッドの長さと重量は考慮しない。しばらくバイオSWで我慢。できないことはないだろうし。そもそも先重りはAR-Cでなれている(はず)、簡単だ、脇に挟めばいい(笑)

・体への負担を考えて、よく曲がるロッド。

・この際軽いミノーは視野から外してもいいかも。少し短いけどAR-Cでできないことはないだろうし。

・でも、この価格帯なのでマルチパーパスなロッドがいい。(明らかに高い買い物)
 




こうなると、これかなってロッドが、

・ショアスパルタン 106MH or 100H (中古)






上記に求めていることに加えて、魅力的なのは軽さ。上の動画はおそらく100Hですが、250g程です。メーカー通りだとかなりパワーに自信があるようだし。軽さに命をかけているダイワがこのロッド重量で出すなら軽さと強さを両立できている気がする。ハイエンドだし。
それに良く曲がるらしいし、ヒラスズキにも使用できるみたいだし、いまのとこベストですね。
中古で買った場合、せっかくの大手であるダイワにも関わらず免責がなくなっちゃうのが悩みですが。
勝手な偏見ですが、ブラックライン99Hに安心感を足した感じですかね。

個人的にはコースタルは使いたくないな。なんとなく。でも、この価格帯の穴を埋める、とても売れるロッドになるでしょうね。まあ、だから嫌なんですけど(笑)

ただ問題なのが、ダイワが磯をマジにしたメーカーじゃないってことですかね。どうやらショアジギングなどのジャンルに関してはかなり後発のようですし。でも、曲げてタメを作るロッド、好きです。




とりあえず、またイロイロ調べてみます。イロイロなロッドに触れてみます。触れてみただけじゃあまりわかりませんが。ああ、テンリュウのパワーマスターがあんなリッチ価格でなければ......。なんだよ、西陣織って(笑)
 


あ、今回の記事もそうですが、あまり触れたことのないロッドに関して書いているのでアテにならないです。素人のヒトリゴトですのであしからず。 


ああ、誰かアドバイスしてくれる人が欲しい。ネットはイマイチ信用できない......。