サーフから釣れるシーズンになったから釣れたのか、どんな理由で二回連続で釣れたのかはイマイチわかりませんが......。 





「ゲン担ぎ」という言葉があります。
もともと縁起を担ぐという言葉が、逆さ言葉ブームの時にぎえん→げんと訛り、ゲンを担ぐになったそうな。あれです、「ザギンでチャンネーとうんたら(死語)」みたいな感じです。で、この逆さ言葉ブーム、なんと江戸時代にあったそうです。あんまり今も昔も変わってないっぽいですね。


なんでこんなどうでもいいこと書いているかというと、自分の釣りにもゲン担ぎがありまして、どうやらそれが「寝ない」のようです。



6/26、小潮


GGやってマンガ読んで結局寝ずに迎えた26日の朝。


昨日までは梅雨らしく雨続きな徳島でしたが、今日は一日晴れるということで、PT君と、もう一人、名前どうしようかな、イニシャルが被るんだよな~。あ、ジャルジャル君でいいや、本人の許可なしだけどそれでいいや。

で、PT君とジャルジャル君と、少し南に下ってT字突堤に行ってきました。例年サバ祭りが行われるらしいあそこです。


例に漏れず自分たちもサバ祭りの調査に行ったんですが......。サバの方はまったくでした。 

現場に到着して、とりあえずサバに期待しつつジグサビキにしてジグをシャクシャク......。



こういった初めての場所では自分が一番信頼してるジグ投げたくなりますね。ムーチョルチアが現在手元にないため、ギャロップアシストをチョイス。この二大筆頭と、ジグロックとジグベイトで40gまでなら事足りそうですけどね。



ん?浅いな......。いつも行っている場所もたいがい浅いもんなんですが、ここはフルキャストした先でもかなり浅い......。徳島の沿岸はほとんどこんな場所ばかりなのかも。


初めての場所は、潮がいい!とかベイトがウロウロしてる!とかなにか自分を騒がせる要素がないと不安になってしまい、あっちもこっちもな釣りになっちゃうところですが、いかんせん寝ていないためボーッといつも通りジグをシャクシャク。


テトラの上でアクビこいたりしながらシャクシャクしていると、ボトムから2しゃくり目ぐらいにひったくるようなアタリがあり、フッキング。

明らかにヘッドシェイクしていて、エソではないイイサイズの何か......。のはずが、途中からスルスル寄ってきていやな予感。しかし幸いその予感は杞憂に終わり、

いいサイズの~




2016-06-26-06-40-17

あいかわらずいけめんですな......。


 
2016-06-26-06-40-40
 


さすがにこのサイズだとエソとは違う引きになるんですね。途中怪しかったですが(笑)

ギャロップアシストを使ってますが、アシストフックは自作です。あ、トレブルはST46ですが管理を怠っていたせいでサビサビでした(先は研いでいますけどネ)。幸いアシストの方にきれいにフッキングしてくれたのでよかったよかった。

で、これで、寝ないで釣行するとなにかいい魚が釣れる記録更新。


もちろん、寝ていない体では一度喜ぶとそのテンションを保てるわけもなく、その後は集中力を欠いた釣りをし続けて終了。ジャルジャル君はいいサイズのガシラ釣ってましたよ。テトラの穴釣りで。

PT君も暑い暑いと言いながら一生懸命ジグ投げていましたが健闘むなしく......。一度シーバスがチェイスしてきたらしいですが......。


みんな9時30分には竿をたたんでいましたね。暑い季節になってきました。セミが鳴き始めてましたし。





梅雨のころにマゴチはシーズンインするんでしょうかね?でも、今年は吉野川で4月からずっと好調のように見えましたが......。


まあ、自分は乗り遅れながらも釣れ始めたので一安心(笑)




釣れ……続けてくれよ(願望)




ロッド:AR-C TYPE XX S904M
リール:13 セルテート 3012
ライン:PE1.2号にリーダーがフロロの25LB
ヒットルアー:ギャロップアシスト30gレインボー
状況:テトラ際をベイトが泳いでいたが海に活気はなさそうだった
海の状況:途中ダイナミックな潮に変わったが何の反応もなし。
その他:ムーチョの補充、フックの換装、あ、あとショアジグロッド......。