ジグロックのフォールで攻めてみました(大嘘)


 

6/20 大潮
すいません、日付間違えてました......。(現在修正済み) 

午後4時過ぎ、突然A君に市内サーフに行かないかと誘われ、どうせ釣れないだろうなと思いながらも行くことにしました。

だって、連日雨で水潮だし、午後だし、満潮手前だし…。

自分の苦手な条件が揃ってるわけですよ。まあ、最近のサーフに顔を出していなかったので調査もありかなと思って、小雨の中でも頑張ることにしました。




着いてみると、低気圧と大潮のコラボレーションのおかげか、40gのジグが流されてしまうほどのダイナミックな潮の動きでした。まー、べた凪やゆるい潮の動きより釣れる可能性あるだろうけど……。





とりあえずジグロック40gをカラーローテーションして、ジグベイト40gを投げて、唯一アタリのあったシルバーカラーのジグロックで攻めてみることにしました。エソでその日のベイトパターンを探ります。ただの妄想ですが、キスがベイトなのかなと。


毎度エソの画像をすみませんね。暴れていてブレてますが、ジグロックのシルバーカラーです。あ、出血していますが元気に帰って行きましたよ^^


そういえば、エソを堤防に放置するなどもってのほかだと思いません?いや、たまに干からびているんですよ。
みんながみんなそんなことしてしまうと、徳島の堤防はエソの腐臭で近寄れない釣り場と化すでしょう。あ、そうやってライバルを寄せ付けない作戦もありかな。

冗談はさておき、持って帰って美味しく食べるか、リリースしましょう。僕はフグやベラを堤防に放置する人の神経も疑いますね。いや、ほんとにいますよ、海に返さず干からびさせる人。




で、しばらく反応がないので、夏のロックショアに向けて派手なしゃくり方を試してみる。いつもはいわゆるおっさんジャークですが、今回は90°近くしゃくる、派手な、目立つ、人が多い堤防ではやらないことが推奨されるようなしゃくり方。

で、慣れないジャークを続けること数投。潮目が近づいてきたタイミングでヒット。ジャークのタイミングで自動的にアワセになりましたね。おそらくエソだろうと適当に巻いてきました。



何度か水面で暴れたので最後はバラさないようにやり取りして、慎重に寄せてくると、なんとマゴチですよ!


まあこのサイズならと思い、ぶっこぬき。

 




マゴチさん、相変わらずイケメンですね(真顔)



リアトレブルはガマカツトレブルspMH#5です。一応エソしか釣れないだろうと思っても万全の状態です。こういったときに後悔せずに済みますね!





サイズはそんなに大きくないですが、
image
すいません、スマホの調子が悪いせいか、ひじょーに見づらい写真になってしまいました。







それはそうと、散々釣れなくて苦労したマゴチ、ジャークを変えるだけで釣れちゃうの……?




以下妄想




さて、釣れたからにはこのしゃくり方で釣れた理由を大真面目に考える。


大きめにジャークしても、ボトムから浮き上がる距離はたかが知れているようです。1回大きくしゃくってボトムから離れる距離ぐらいならフラットフィッシュはついてくると思います。バーチカルならまだしも、50m先のジグがロッド1回あおって動く高さなんか知れてるじゃないですか。

それよりも、大きく一回しゃくってできた糸ふけによるフリーフォールの方が効果的だったんだと思います。ジグロックが良かったのか、はたしてたまたまだったのか、アタリカラーだったのか、何が釣れた理由なのかはわかりませんが、おそらく一番の理由としてはフリーフォールが良かったのかなと思います。

だって、今までマゴチが釣れなかった人間が突如(たまたま)釣れちゃったんですよ。今までとの差はテンションフォールか、フリーフォールかしかないんですもの。


いままでしゃくっている途中にしかバイトがなかったわけですが、今回フォール中に当たってきたということで引き出しが増えた気がします。




まあ、偶然ですけどね^^



だって、激しいジャークでフォールをテンションフォールからフリーフォールに変えるなんて何も意識してなかったもん......。チョットyoutubeの動画にあった沼田純一さんのジャークっぽく激しくやってただけだもん......。


まあ、偶然ヒントを得たので今後検証してみます。 

でも、今回フォール中に食ってきたのが全く分からず、たまたまジャークがそのままアワセになったので、今後ばれる回数も増えそうですね......。 

というよりあんな派手なジャークは人が多いところで使えん......。




大事なことなので二回言いますが、↑は妄想です。あっているか、見当違いなのか、まだ判りません。

「Pの釣り日記とかいう怪しいブログに書いてあったけど、なんだやはりこんな方法じゃまったく釣れないじゃないか」と文句たれないでくださいね。


この日はエソをもう一匹追加して、日が暮れるとともに終了。夕まづめ短時間、小雨という状況の中なぜか今季初のマゴチという結果を出すことが出来ました。やったぜ。




あ、ロッド選考もちょびっとだけ進行してますよ。とりあえずAPIAのエントリー価格帯のロッド(常識的に考えたら3万円がエントリーっておかしくない?)のブラックライン99Hと風神R110Hを触ってきましたが、

・ブラックライン99H・・・いい感じ。ロッド重量に対して許容ルアーウェイトが大きいのは一体どういうことだ?と疑問が沸いたので即決はなし。

・ 風神R110H・・・シャッキリ硬すぎ。細身で硬いという何とも僕に合わなさそうなロッドなのでパス。長さからくる持ち重り感もバイオSWじゃどうにもならなさそうだったし。


3万円という、安くはないけど高級でもないという何とも言えない価格帯で絞るのは難しいですね。


ロッド:AR-C TYPE XX S904M
リール:13 セルテート 3012
ライン:PE1.2号にリーダーがフロロの25LB
ヒットルアー:ジグロック40gシルバー
状況:ベイトの姿はなし。
海の状況:右から左に、とても速いスピードで潮が動いていた。
その他: 梅雨の中釣れてくれたマゴチ君に感謝。