約1年ぶりのエサ釣り(笑) 

6/18、大潮

本来なら大潮の日はサーフ突堤に朝早くから出撃し、入ってくるであろうベイトを追いかける青物やフラットフィッシュを迎え撃つべき......。

ですが、おそらく連日の雨でイマイチだろうことは容易に想像できたので、PT君と鳴門方面へ。
二日連続鳴門です。

PT君がこの間行った時にはナブラがでた~、大きいキスが釣れた~と言っていて、いい情報しか聞かないのでそこそこの期待を抱いていましたが......。



ルアーには何の反応もありませんでした^^




PT君はここでの投げ釣り経験は豊富なようで、毎投何かしらの魚を釣っていますね。


いや、僕は一発大物のショアマダイ、回遊のハマチ、そこら辺を狙うんだ......。






と、繊細なバイトがあり、慎重に寄せてくると......。



2016-06-18-08-21-41




コチが釣れました^^
(メゴチ、ガッチョと呼ばれる類です、マゴチとは違います)




引き続き、なんと!

2016-06-18-08-28-32

マダイだ、マダイだ!
(チャリコと呼ばれる幼魚です)




・・・・・・。





そうです、今回は早々にルアーをあきらめ、安いプライドを捨ててPT君に投げ釣りの仕掛け一式を貸してもらいました。


さて、AR-Cの投げ竿としての真価が発揮される機会がやってきました。外道しか釣れないのかと思うと......。


2016-06-18-08-39-29


一口から揚げサイズ^^




その後も、少しのサイズアップのち、

2016-06-18-08-53-05

 



この時期に20cm程のなかなかサイズまで釣れてしまいました。

2016-06-18-09-26-38
 




AR-C TYPE XXは極小のガッチョやキスのバイトも見逃さない、繊細なティップを持っていますよ! 




 毎投なにかしらのアタリがあり、数回大きいサイズのキスであろう反応もありましたが、手前の藻に引っかかってそのままフックアウトという場面が多かったですね。



写真にはないですが、キスもガッチョもそこそこの数釣ることが出来ました。


オカズ稼ぎの釣りもゲーム性があり、楽しいです(笑)





 

あ、やはり市内サーフは不発だったようです、今回はPT君に接待してもらっておいしい思いが出来ました^^
市内サーフでは約1名、8本足のアイツを釣った方がいたとか.....。


それと、鳴門のある場所で前日に青物が釣れていたらしい。今朝は可能性が無きにしも非ずだったようです。
まあ、今回はキス釣り楽しめたし、青物はまた今度、梅雨明けに狙うとします。



ロッド:AR-C TYPE XX S904M
リール:13 セルテート 3012
ライン:PE1.2号にリーダーがフロロの28LB
ヒットルアー:キツネ針7号にイシゴカイ
状況:手前に群生している藻の奥でバイトが集中。
海の状況:濁りなし、あまり潮は動いていなかったかな。
その他:エサ釣りの内容なのに横文字がおおいのでひじょ~に不自然。