ライトゲーム=休息。 




別にサーフでの釣りが肩肘張ってるわけではないですが、ライトゲームってお気軽ですね。


6/19、中潮

まあ、そもそもはアジングなるものができるのかどうか、調査のつもりで行ったんですけどね。
日暮れ直前の19:30頃に釣り場に到着。鳴門ならではの激流に期待していってみるも、あまり流れていませんね......。

2016-06-17-19-24-15
猫だらけの漁港でした。

何かしらの群れが入っているわけではなさそうで、とりあえずボトムから。わからない場所はガシラのほかに、ソイ系統やアコウなんてのも期待できますし。



反応なし。



日が暮れて、しばらくしても外向きは魚の気配がないので、仕方なしに船が付いている内向きに。

かなり藻が群生しており、いかにもメバルが付きそうな場所.....。


今の時期にはデカいのは出て行ってしまっているだろうし、居残り組を狙うことになるでしょうね。
まあそれでも、この間に釣ったドチビぐらいが釣れてくれるなら楽しいモノなので......。


藻の切れ目にキャストして、スローにテロテロ巻いていると、小さいアタリが数度あり、チョンっとだけ合わせてみると、

2016-06-17-20-23-04


前回よりでかい気がする......。

その後その場所で数匹追加するも、サイズダウン。10cmないようなものまで釣れました。ロッドの感度がいいのか、ビンビンに手元に伝わってきますね。



どうやらフグが混じっているようで、アタリがあった時にテールがかじられているときもありました。

ムムム、今日のヒットワーム、活メバルが......。


フグがいやなのと、もう少し大きいサイズのメバルを求めて、真っ暗なシャローを攻めてみます。さっきまでは常夜灯の下だったんですよ。


表層直下をゆっくり巻いていると、

2016-06-17-20-47-59
 
このお方も来てくれます。着水してからほぼカウントなしで巻いてきているにもかかわらず、ガシラが来るってことはかなり浅いですね。

あ、使っているジグヘッドは0.9g、PEは0.6号、リーダーは8ポンドと、アンバランスな構成。

しょうがないじゃん!これよりライトなラインシステム持ってないんだもん!




・・・・・・。


外向きの潮の動きが少々ダイナミックになってきたところで、

2016-06-17-20-50-16

2016-06-17-20-51-20


少しサイズアップ。どうやらシャローにいるメバルの方がサイズがでかく、高活性ですね。


どうやら群れが固まっている場所があるぽく、引き続き釣れました。

2016-06-17-20-55-37


こいつが当日の最大サイズだったような。18cmありました。

この時期に20cm越えるようなでかいやつ釣れないだろうし、今回釣れたサイズでそこそこ満足。


ワームが一緒だったからスレてしまったのか、それとも川のように激流になった潮に乗ってどこかに行ってしまったのか、その日は21時頃からはまったく反応がなくなりました。


なんとなく、メバリングをそれっぽく出来たので、やはりそこそこ満足。




あ、そうそう、この黄色のライン、アーマドフロロ+、ダメっぽいです。

2016-06-17-21-13-48

糸癖が付いてから、小規模爆発が頻発するようになりました。スプールが社外品なのでまだ決めつけれませんが、次にはよつあみのo.4号程度の細糸を巻いてスプールに原因があるのか試してみます。
 





え?アジング?

アジはサビキで釣るもんでしょ?

ワームで釣れるわけないジャン?
最近は15cm程度の群れが入ってくることもあったそうですが、今日は潮の動きがイマイチだった(地元の少年談)らしく、アジの姿は見られませんでした......。

 
ロッド:オンダ 74L-ST
リール:08 ツインパワー C3000
ライン:PE0.6号にリーダーがフロロの8LB
ヒットルアー:0.9gのジグヘッドに、活メバルピンクカラー
状況:漁港内にメバル、アジの気配はなし
海の状況:途中から川のように激流。
その他: サーフは濁り続きでダメそう。仕方ない。