書くこともない(褒め言葉)ロッドな気がするけど、自分の持っているイメージを整理するために書きました。なのでメモみたいなもんです。いつも通りダラダラとした文章が続くだけですよ。



ラテオ、良い意味で特徴がないです。何もかもが普通っていうのは、なかなか実現が難しいだろうし、しかもそれが実売2万円以下。良いと思います。

メーカーごとに多少の差はあれど、3万円を超えだすとピーキーなロッドが多くなるように思えます。「普通に」優秀なロッド、ラテオ。

とりあえずこいつで釣りに親しみ、そこから自分のいくフィールド、自分のスタイルなどに合わせた高級ロッドを選んでいけば良いのではないでしょうか。


アンダー1万円
ラテオorディアルーナなど2万円以下
各社本気を出し始める3万円以上


といったようにステップアップするのが賢いスタイルに思えます。まあ、こんなこと僕より釣りの上手な、経験豊富な人がすでに語り尽くしてますから、これくらいで。

ラテオとディアルーナ、どちらを選ぶかについては、「シャキッとハリがある」ディアルーナ、「軽い、曲がる」といったラテオといった勝手なイメージがあります。お好みで選択するといいと思います。自分の場合、「はじかれる」ことが怖かったので結果的にラテオでよかったのかな、と思います。

 




モアザンチックな金黒。セルテートに似合います。ダイワの金黒、つい最近まで嫌いでしたが、ラテオやセルテートぐらいなら許せますね。リールのモアザンとか、ロッドのブランジーノは少しキンピカすぎる気がします……。



ラテオ、おそらくラインナップ全般がキャスト精度の高いロッドと仕上がってる気がします。ルアーが適応ウェイトだったら、シャキッとキャストが決まります。

それに、AR-Cのように気張る必要なく曲がってくれます。非常に楽です。曲がるからと言って魚とやり取りするときにパワーがないわけではなく、粘りあるロッドの曲がりで魚を寄せてきます。


ロッドの自重もとても軽いですが、だからといって折れそうとか、慎重に扱わなきゃ、とかいった感じはなく、短期的に見た耐久度は問題ないように思えます。長期的に見た場合、どうなるのか......。

 

ロッドのパワーやレングスなどについての話


90Lという硬さ、長さは、広くいろいろなシチュエーションに使えるロッドです。に反して、あまり人気なさそうですね......

ダイワのキャストMAXの表記は、シマノに比べていっぱいいっぱいなイメージがあります。

が、ジグ、スプーンといった抵抗の少ないものは約30gでもキャストできます。ただ、ロッドの性質を理解して、しっかりルアーの重みを無理せずにロッドに乗せることが出来る、といったことが前提ですよ。あぶなっかしいバス投げしたらたぶん折れます。

 
ワームやミノーは抵抗の少ないもので20gぐらいまでだと考えたほうが良さそうです。

長さに関しても、いろいろな場合に使えます。ドブ川のような、エリア10をフルキャストしてギリギリ対岸に届かないくらいの川幅の狭い場所や、吉野川のようなとても広い場所、漁港周りなどで使っていますが、不満はありません。


サーフでも使えないことはないですし、一般的には96MLを選ぶだろうけど、アーバンな場所でも楽しみたい…って人には9ftというレングスは適していると思います。

MLとLのどちらをとるかですが、バラシが少ないのはL、主導権を持って戦えるのがML。当然ですね。自分がLを使っていてどうしようもないパワーにのされたは数度ありますが、Lならではの感度の良さや小さい魚もかけることができることから、LかMLか選ぶとしたらLで良いのではないでしょうか。(Lの乗せの良さ、バラシの少なさ、MLの強さを持ち合わせると1番良いですよね……。)

90Lで10gもないシンペンを使うこともできますし、20gを越えるメタルバイブをフルキャストして使うこともできます。

まあ、究極のオールラウンドを求める(昼も夜も使う)なら、パワー的に安心できるので90MLのほうが良いですが、シャローで軽いシンペンを多用する僕には90Lがちょうど良かったです。

86MLは少々強引なやり取りが必要な小さな河川、サーフとかの外向きの釣りもやるから長さが必要ってなら96ML、ショアジグメインなら96M、サーフオンリーなら100~106といったように用途別にラインナップされてるわけですが、90Lは一番マルチパーパスなロッドだと感じます。


あ、90Lは意外とリアグリップの長さを確保できているロッドなので脇に挟むこともできます。 





魚とのやり取りに関して


〜45cmくらいのキビレ程度なら難なくやり取りできます。勝手に寄ってきます。シーバスよりキビレが釣れてるのはナイショ




まあ、シーバスも60まではいけるでしょう、それ以上は釣ったことないので知らないです。悲しい。


ただ、小さいセイゴともやり取りすることを考えた場合、そういったセイゴですら釣りたいといった「経験値稼ぎ」にはLといったパワーはちょうどよいです。

image

 



ロッドの軽さを活かして、頻繁にジャークを繰り返すワインドなんかにも使えなくもないかも。僕はジグのリフトフォールにも使いますね。マゴチ釣るのはラテオの方が楽です。でかいマゴチか釣れた時のパワーを考えると、AR-Cを使ったほうが良いですけどね。








所感





オールラウンダーに使えるロッドということは、ウラを返せば無個性ということでして、少し知識が溜まっていろいろ背伸びしたい人には物足りないかもしれません。ラテオはオートマチックなロッドでしょう。飛距離がぶっ飛びなわけではないし、曲がってから圧倒的なパワーを持っているわけでもないです。

しかし、不満はないのがラテオです。ちなみにラブラックスはAGSに拒否反応さえなければラテオをさらに高次元にさせたものだそうです。ちょっと使った感じ、感度半端ないです。


これが下手なエントリークラスのロッドだったら、一体なにがダメで魚をとることが出来なかったのか、腕なのか、ロッドのパワーなのか、その他いろいろなものが原因なのか、わからないかもしれません。


自分の場合、ラテオを使ったおかげで次の一本に求めるものがおおよそわかってきました。



さっきも書いた気がしますが、釣りにのめりこんだ人はとりあえずラテオなどの1.5万~2万円前後のロッドを買ってから、自分の求める個性を持ったロッドを探せばいいのではないでしょうか。