大潮に乾杯!


 今回は完敗でなく乾杯ですよ!



23日 

日が明けるころにマリンピアにエントリー。

あ、寝てません^^。若いうちにこういう無理しておかないとね。



上げのタイミングで反応の良い場所があるのでちょろっとだけ寄ると、すでに先行者が。
話かけても無視

え?こんな感じ悪いん?おれがキモイだけ?あ、そうですか、すいません。 

普通、ある程度釣りを経験していたら話す事での情報交換の重要性を理解しているだろうし、みなさん話しかけてきてくれるし、僕が話しかけるのもありかな......。とおもったんですが。

で、見た感じベイトは入っているけど追ってきている魚の気配がないので本命のポイントへ。



先行者さんが数名。やはり人気スポットのようです。しかし一番釣れる(であろう)場所に人が入っていない。
とりあえずそこに入らさせてもらい、海面を見ると、やはりベイトがたくさんいる。

満潮の潮どまりだし、下げが効いてくるまで待ってみる。
鉄板バイブを投げると......。

2016-04-23-05-28-32
 
ベイト。これカタクチじゃなくない?トウゴロウじゃない?

いや、カタクチのはずなんだ。超疑心暗鬼。

粘るも反応なし。
岸壁沿いを粘ってらっしゃる方(めちゃフレンドリー)も昨日まではチェイスしてきた魚はいれど今回は全くなしらしい。

やはり5月入ったあたりに出直すとしよう。






マリンピアに見切りをつけて市内サーフへ。 

先行者さんは以前見たことがある人。お話しをさせてもらうとごっつ詳しいお方で、めっちゃ知識溜まります。ほんとありがとうございます。
しかも朝からマゴチ2、ソゲ1、シーバス1と、このサーフではすごい釣果だと思います。いつもここに通っておられるお方のようで、自慢気もなく飄々としておられました。あこがれる。

あー、朝からこっち来ればよかったな......。完全なミスです。


しかしまだまだ潮はうごいていますしチャンスはありそう。

で、僕がお話しをしている間に、一緒に来ていた友人君が なんと僕たちのオトモダチ、ESOを釣っちゃいます。

先行者さんも僕も驚き、エソがいるならベイトが入っているだろうということで 僕も開始。

拙者、エソ釣りには自信がありますぜ......。

冬場に鍛えたエソメソッドでエソを狙う。サーフといえばまずはエソだよね。
さっそくバイトはあるのですがなかなか乗らない。まだエソが小さいのかな。



ようやく乗ったと思ったらやたらと重い。

いや、首の振り方といい、ドラグの出ない走りといい、明らかにエソなんですがTYPE XXが良く曲がる。
エラにフッキングした場合のエソはこんな感じで重いのでまたエラフッキングなのかなと思いきや......。

2016-04-23-09-06-03

 
え?なにこれ?デカすぎない????

以前からここは40cm程がコンスタントに出ていましたがこの大きさは見たこともない。

先行者さんも記録級とおっしゃっていたあたり、なかなか出ないサイズでしょうね。
エソの自己最長記録更新。やったぜ。 
 

先端からも狙う。右側から僕が狙い、左側から友人君が狙う。

僕はボトムを、友人君は鉄板バイブを投げる。



友人君にヒット。回収直前に食いあげてきたらしい。

50cmほどのきれいなシーバスで、もちろん〆。アクアパッツァにするらしい。



やはりベイトの入りがいいようで、エソがコンスタントに釣れる。




エソのせいでジグをロストした。許さん。

いや、自分のせいもあるんですけど、と言いますのは、普段ショアジギもするときはクロスロックタイプのスナップを使ってるんですよ。

今回シーバス用のボンバダスナップを使っていたんですが、エソの首振りに耐えることが出来なかったようでロックが開いてしまい、ジグだけが海の中。エソのついたアシストフックだけがなんとか帰ってきましたとさ。

エソはいくらでもばらしていいからジグ帰ってきてくれよ......。







小さなサイズのバイトにも敏感に反応。さっきまでじゃれていたのは小さいサイズなのか。

おニューロッドの使用感を試すのには十分ですよ、エソ遊び。


この後も何匹か稼ぎますが、アキタ。


ヒラメがほしい。マゴチがほしい。

ということで、歩いて稼ぐ作戦に切り替えです。突堤をウロウロ......。

反応なし。




先端から沖にかけていい潮目やらヨレやらが出来ていたので、魚が入ってきそうな雰囲気。

2016-04-23-09-55-27
 

ESOメソッドとボトムネチネチを繰り返して底物を探る。

フルキャストして数回ボトムをとってしゃくってを繰り返していると、着底から3回ほどしゃくったところでヒット。
10時30分頃でした。

アタリのかんじからしてESOかと思いましたが、アワセ直後から


明らかに違う 。



 あ、僕覚えてます、この感じ。平べったい体を全力で暴れさせて走ろうとする感じ。


え?走る?

今回は走ります。以前までとは馬力が違います。


幸いにして ドラグセッティングが神がかっていたので竿が耐えられないランの時にはドラグが快調に滑り出てくれます。

TYPE XXも「ようやく俺を本気にさせてくれる魚が来たか......。(厨二感)」ってかんじで糞重い魚でもリフトアップしてくれます。バットパワーでよせて、ベリーはばらさない追従性を持っている。

ちまたで言われてるほどクソなロッドではないです。



友人にランディングを手伝ってもらい、ばらすことなく無事確保。

フッキング直後から全神経を集中させたやりとりを展開しました。自分でもパーフェクトなやり取りだったと思います。自画自賛キモイですね。すいませんね。

2016-04-23-10-51-15
 
え?イカをゲロってる?てかでかすぎwwwwwww




image


だいたい65cmほどでしょうか。家で測ると、67cmありましたが、65cmとしましょう。
 

そ れ よ り も 、

セルテートですよ! 


散々知り合い各方面から「まだそのリールで釣ってないの?」とバカにされてきましたが、

エソはおいといて、このサイズのヒラメを連れてきてくれた。
いままで釣れてなくてもいいじゃないですか。
ドラグ確認できましたし。リジサポより優秀なわけではないでしょうけど、十分なもんです。



記念にブツ持ち写真。

2016-04-23-11-09-01
 撮影:友人君   顔はおなじみ笑い男。



家で開腹すると、抱卵個体だったということが分かりました。 


ーん、最高。



この後も釣りを続けますが、興奮してしまってバカ騒ぎしてました。周囲にいた釣り人さんに多大な迷惑でした。ほんとすいません。


で、友人君とESOの早がけ勝負をしていると......。

友人君にヒット。どうやらしっかり寄せてきたようで、負けかと思っていると、友人君が


「サゴシや!!!」


と言っている。タモをもって近づくと本当にサゴシじゃないですか。 

僕は他人のランディングには自信アリ。さっきのシーバスもラクラクでしたし。





ほんとすいません。こんどルアーおごります。





タモ入れバラシしました。





こんなおおきなネット使っていてどうやってばらすんだよ......。
ほんと、〇ねばいいのに。 
こんなに他人のタモ入れバラシが精神的に来るなんて......。そうです、自分はランディング手伝ってもらっておきながら友人のタモ入れは失敗するドクズです。




 冷静になりましょう。サゴシがまわってきたってことは、イワシが入っているんですよ。それで、魚の活性上がってるんですよ。

今回の予想、当たりました。 





この後も友人とギャーギャー叫びつつ釣りをしますがエソのみで終了。

いやほんと周囲の方に迷惑でした。釣果は満足ですが、アングラーとしては2流です。

反省したい。

 あ、今回大活躍のルアーはギャロップアシスト。ムーチョをエソのせいでロストしたのでコイツ投げてましたがエソのアタリの回数といい、ヒラメを連れてきてくれたのといい、申し分ないジグです。トレブルも頑丈です。塗装は並ですが。

 
 

タモ入れバラシといい、オールしたテンションで騒ぐことと言い、ほんとアングラーとして2流です.....。精進します。



ロッド:AR-C TYPE XX S904M
リール:13 セルテート 3012
ライン:PE1号にリーダーがフロロの20LB
使ったルアー:ムーチョルチア35g(ロスト)、ギャロップアシスト30g、ハウル21g、ポイント鉄板バイブ
ヒットルアー:ムーチョルチア35g(ロスト)、ギャロップアシスト30g
状況:ベイトのカタクチが北側に多めに入っていた。沖向きのヨレがでていたところでヒラメがヒット。
海の状況:大潮下げ、濁りはそこそこ。
その他: ベイトの入りの予想を当てることが出来たと証明できる結果が出せてよかったです。去年の俺、グッジョブ。