明日から天候が崩れるようなので少し無理やり釣行。 

と書いておかないと平日に2回釣行なんて皆に 釣りキチと勘違いされかねないからね。



4/20 日暮れ~9時ごろまで

爆風。

爆風なだけなら徳島で釣りをし始めた時から慣れっこですが、シーバスフィッシングを始めてからこのレベルの爆風はなかった。


潮の動いている方向と風が逆。もうトレースコースがめちゃくちゃ。経験豊富な人というか、たいていのアングラーさんは答えを知っているのだろうけど僕にはわかりません。誰か教えてよ(笑)。



で、一か所目は何やってるかわからんし、BORAが跳ね始めるしで即場所移動。以前のバチ抜けスポットは今回の大潮では抜けてませんでしたとさ。

朝のポイントは夜はどうなのかな~と海に行こうと思ったら、たまたま寄り道したポイントの潮がめちゃめちゃいい感じ。ヨレが何か所もできていて、ボイルも散発ながら起きている。


選んだルアーは、爆風にも負けずエリア10。 近距離戦なのでまあ平気。

気になるコースを何回か通し、反応がないのでヨレの終わりになっているところにキャストしてちょこっと巻くと、
チョンっとだけアタリ。なぜか自分の反射が神がかっており鬼フッキング。キマッタゼ。

「ドババババbbbッ!!!」

え?あのアタリでこんなでかいん?初心者の僕はこんなエラ洗い見たことないよ?テンパる......。

しかしラテオ、この重い魚でもしっかりと寄せてくる。すげえ。

後から気づいたことですけど、この大きさの魚にもかかわらず寄せてくるときはラインはほぼ出なかったんですよね 。ロッドが吸収してくれるんでしょうか。まだ勉強中です。ちなみに、前回よりはけっこう強めのドラグセッティングでした。それでも寄せてくるときに出なかったのは不思議。

で、何回かエラ洗いされて、左右に行ったり来たりされて、やっと 寄せてきました。




さて突然ですがここでP君からクーイズ!



結果的にP君はこのスズキ?サイズのシーバスをばらしてしまいます。なぜでしょうか、以下の選択肢から予想してください(複数選択可)

①ラインシステムが弱かった
②ランディングするコースを予想していなかった
③ロッドさばきが糞だった
④ロッドが魚のツッコミに耐えれなかった









はい、予想ししてくれたあなた、それが正解です。つまり、それも正解です。全部正解です。たぶん。何で自分で出した問題なのに自信ないんだろう。


こんなくだらない下りに付き合わせてしまってすいません。釣れなかった日は何とかしてネタにしようと必死なんです。くだらない下り......。



まず、①。

PE0.6号、リーダー12LBでは無理できないと思ってしまいました。もしかしたら強引なやり取りをしても大丈夫だったのかもしれませんが、細糸タックルは人を臆病にしてしまったのです。

「風が強いから細糸にするか~」と思っていたアホはせっかくの大物を逃してしまったのです。心の安心のためにも次からはシーバスをメインにするときはPE1号にリーダー20LBを使います。

実際、手前のブレイクに突っ込まれてリーダーが擦り切れてサヨナラ~でしたし。走られる直前は細糸とか関係なくやり取りしましたが。もしこれがもう少し太糸なら......。と次から思わないためにも細糸タックルはしばらくやめにします。ツインパワーはキビレ以下の魚用にします。



次に、②と③。

そもそも、ブレイクに魚をよせてしまったことがダメだったんです。事前にその場所で魚をかけてからどういったコースを通したらより獲れる可能性が高いかを考えるべきだったんです。
 

ブレイクが右にあるのに右にロッドを寝かして魚を寄せてくるアホがおるらしい。そもそもロッドを寝かすのってあってるのかな?エラ洗いをなるべく減らせるかな?と思ってロッドは立てないようにしているのですが正しいのでしょうか。勉強勉強。


左に寝かせていればブレイクはなかったんです。そんなサービスなポイントで魚を掛けれたのに事前に全く考えてなかった自分がダメなんです。結局右に走られてしまったとしてもそれはそれで納得するしかないし。今回は後悔してしまう要因の一つとなったので次回から改善したいです。




最後に、④.

なんていうか、最後のブレイクに寄ってきた途端に魚が焦り始めたんですよね。
激しくエラ洗いしたのち、それまでほとんど出ていなかったドラグが滑り出た。

いや、ドラグのなめらかさはベリグーなんですけど、ここは無理やりよせる局面だったので最後のパワーが欲しかった。

なんとか走らないようにロッドで食い止めたつもりだったんですけどね。これってロッドのパワーが足りなかった?それともドラグセッティング?あ、糸の細さも加味しないとダメだ。

ドラグに関してはロッドにかかる負荷との具合を毎回チェックしているのでどうなんでしょうか。こういったブレイクのある場所では多少強いロッドがいるのでしょうか。ドラグセッティングとともにこういったことも煮詰めたいと思います。


あ、魚が焦ると僕も焦ります(笑)。 

maxresdefault


これは経験でどうにかするしかないのでしょうね。今年はシーバスとのやり取りを飽きるぐらいしたいと思います。抱負ですよ、自信じゃないですよ。
でも最終的には「超コイツ ~b」って言いたいですね。



閑話休題。


やっぱりその場所にあったタックルってあると思うんですよ。こないだのバチパターンの時はブレイクもないし飛距離もいらないし、ラテオの90LとツインパC3000、細糸タックルで十分だった。

今回は手前にブレイクがあり、なおかつ掛けた獲物がたまたま大きかった。
しかし、さすがに今持っているAR-Cを使うわけにはいきませんから。たぶんAR-Cだと今日レベルの魚しか獲れない。しばらくはセイゴサイズも釣って経験を重ねたい。
デイでのシーバスは鉄板だとかバイブレーションの釣りなのでAR-Cに任せっきりですけどね。

いや、しばらくはナイトゲームではちゃんとラテオ使いますよ?今日のタックルでも僕に経験があればとれたはずです。しかし、必要と感じたらブレイク間際で負けないロッドを.....?
というか、いろいろ試してみたい。



今回はこの一度しかチャンスがなかったです。ボイルはありますが。あいかわらずハクを追っかけているのでしょうか、ではなぜエリア10に出たのでしょうか。勉強。





あ~、楽しい。

ドブ川ですらこんなに楽しめるとは。なんだか初心者が歩むであろうレール上をしっかり進んでいる気がします。


なぜ僕の友人はメバルタックルでヒラスズキを獲ることが出来るのでしょうか。圧倒的な技術差を感じます。

他にも、お知り合いさんにはトラウトロッドと極細PEで、食べきれないでしょ!っていうくらいのスズキを釣っていますし、僕もどんどん経験して上手になりたいものです。
 


最後に。

あの掛けた魚がどれだけデカかったか知りたかった。写真におさめたかった。

セイゴでも楽しめる強いタックル組めないかな。今できるであろうセッティングはリールをセルテートに変えることかな。


ロッド:ラテオ90L・Q   
リール:08ツインパワー C3000   
ライン:PE0.6号にリーダーがフロロの12LB   
使ったルアー:エリア10(ロスト)、エバシャッド、ロリベ55
ヒットルアー:エリア10#39クリアークラウン
状況:バチなし。爆風。ハクが入っていた。
海の状況:満潮から下げ。濁りなし。
その他:次回からドブ川でコイツが火を噴きます(予定)

image

 あ、ボウズであってもその釣行から得ることがあったなら一つも漏らさず記録していきます。